So-net無料ブログ作成
サッカー ブログトップ
前の10件 | -

本田圭佑が無銭飲食?会計に戻り「日本人は神」と感謝される [サッカー]

元サッカー日本代表の本田圭佑(33)が「日本時は神」だと評されたことがネット上で話題になっています。

気がつかないで“無銭飲食”をしてしまい、それに気づいて支払いに戻った飲食店で「あなたち日本人は神」とお店の人に感謝されたことに驚いた経緯をTwitterに投稿しました。

 本田圭佑によると、空港内の某レストランで“無銭飲食”思想になってしまいました。

搭乗ゲートの近くのレストランで軽く食事をしていたとき、搭乗時刻が近づいてきたので、ゲートで待っていたそうです。

待機していたときに「支払いするのを忘れて出てきてしまった!」ことに後から気がついたそうです。

 本田はこれではいけないと思い急いでお会計しにレストランに支払いに戻りました。

すると店員から「日本人は神だぁ!」と大げなほど感謝の言葉をかけられたとのこと。

 本田自身としては、当たり前の判断と行動をしただけであって、店員の予想外の反応に驚いたのです。


「普通のことして感謝されて、日本の文化を誇らしくなった日」と書いていて共感を覚えます。

海外に行って、日本の素晴らしさに気付くことは、多々あります。日本の「当たり前」が、あちらでは「当たり前」ではないです。

少なくなってきた現代かもしれないけど、自販機が屋外に設置されている日本の、他人を信頼する気持ちは忘れたくないと感じました。

いくら急いでいたとしても払い忘れてレストランから出て来ることが不思議ですけど、本田選手はビッグになっても、庶民感覚を持ち合わせているという印象があります。

現役選手でありながら、欧州のサッカークラブのオーナーに就任したり、実質的にカンボジア代表で指揮を執ったりしています。

人として非常に振り幅が大きく、たくさんの人たちを惹きつけるのでしょう。

未払いに気づき、戻って支払って感謝されたのを誇らしく思うよりも、その事を恥ずかしいと思うのが日本人でもあります。

気づいただけまだ良いという意見もあるでしょうが、航空の場合、店を出てゲートに並んでから気づくのは遅い場合があります。

海外の空港でカフェなどで仕切りもレジがなくて、日本からの旅行者は戸惑う事も多いです。

スタバみたいにセルフなら間違いないが、テーブル会計だとなかなか回って来ないウエイトレスや請求書も持って来ない場合もあります。

時間を気にしてたら今回のようなケースもあるでしょう。

本田選手のように戻るのが当然だと考える倫理観のある人が世界で活躍して日本人の好評判になるなら素晴らしいです。

ただし、日本人は他人に優しく接することに恥じらいを感じてなかなか行動にうつせないのではないかと思っています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

本田圭佑の素顔!アメトーークで子供相手も本気なプロ意識が話題 [サッカー]

テレビ朝日系のバラエティー番組『アメトーーク!』で、メルボルン・ビクトリーFC所属の本田圭佑選手を扱った内容が話題になっています。

「ケイスケホンダ」の熱烈なファンであり尊敬してやまない芸人たちが、本田圭佑の名言や私生活の素顔や興味深い出来事をを披露していました。

番組冒頭、本田圭佑のプロフィールを取り上げて紹介した時から面白いです。

土田晃之が「本名、ケイスケ ホンダ」と言い放つと、蛍原徹は「堂々と書かんとってくれる」とツッコミを入れた。

すかさず土田は「本人が言ってるんですよ」と蛍原のツッコミ返しで応戦し、ワッキーも「プロフェッショナルで言ってる」と土田をフォローしました。

さらに、本田の出身地が「アース」となっていることも面白いです。

また職業が「挑戦者」になっているのも続けて紹介しました。

趣味は読書とカラオケで、20代前半にはすでにビジネス雑誌『プレジデント』を愛読していたと語られた。


■子供相手にも本気

「子供に対しても本気で対応する」という土田の語りがひと際目立ちました。

中学生との練習試合で、本田選手のフリーキックのプレイに納得できない中学生が抗議したが本田は全く受け入れなかった。

本田は中学生たちに「お前ら、今のままだと負けるで、全国大会」と、厳しい勝負の世界を教えていた模様が流されていて、どよめきが起きていました。

その後、じゅんいちダビッドソンはプライベートでも親交があるだけに家庭の本田圭佑の情報を公開しました。

ダビッドソンは「サッカーだけに限らず、子供を子供扱いしない」本田圭佑の素顔を披露していました。

本田選手の自宅を訪問したとき、3歳ほどの息子が食事でモタモタしていると、「お前食べんの? 食べへんの? どっちか決めな。食べんのやったら、よそうで」と全く手を抜かないで接していたと明かした。


■ネット上で意見殺到

今回の放送を受け、ツイッターでは本田選手に対するさまざまな声が続出しています。

「子供にも妥協しない所が流石ケイスケホンダ。」

「子供相手でも手を抜かずに接する姿勢は素敵です。そうするのも勝負の世界の厳しさを培うためでもあるだろうし。」

「努力して結果残してきた本田選手のポリシーだから納得。単なる不良とかが子供相手にがちになってたらただのいびり。」

一方で、

「子供に対してその接し方は普通に子供傷ついてるぞ。」

「子供扱いしないのと、大人と同じように接するのはなんか違う気がする。3歳の子なんてまだ自分の事すら出来ないんだから同じ目線に立って話ししてあげてほしい。」

「アスリートは、何やっても良いみたいな扱いは、良くない。相手が3歳なんだから、その年齢に応じた接し方がある。歪んだ愛情を注ぐと、子供は曲がって育つ。」

など、批判めいたコメントも相次いでいます。

 いずれにしても、子供に向かって発言している内容を評価するのは、他人の意見にすぎません。

親が子供と本気で向き合わないのは悪くはないです。

極端に子どもを甘やかすだけでは、子どもの教育上で健全とは言えないでしょう。

子供のご機嫌とるのは幼児までにとどめる大人がいても構わないと思います。

虐待しているわけではないし、各家庭の教育方針を尊重する姿勢は大切です。

 自分の子供への接し方でも本田選手は手を抜かない。

厳しく判断を急かしてから、「よそうで」と言ってあげているところに、父親の優しさを垣間見れるとも受け取れます。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

セルジオ越後の辛口批判の裏情報!日本代表を批評する説得力に評価 [サッカー]

 サッカー評論家のセルジオ越後氏が7月3日、ラジオ番組「荒川強啓デイ・キャッチ!」(TBSラジオ)にゲストで出演したときも吠えまくりました。

ベルギー代表に2対3で敗れ、ロシアW杯からの敗退が決まった日本代表に対して手厳しい指摘をしました。

周知のように日本は、後半が開始すると2点の得点を獲得しました。

重量級のベルギー陣営を焦らせたのですが、ベルギー選手の本気な攻撃に耐えきれずに、追加点を奪えず3つの失点となりました。

セルジオ越後氏は、この敗戦を振り返ったとき、ベルギーが作ったチャンスの数を考慮すれば、惜敗というよりは内容的にもっと大きな差があったと述べています。

また、コロンビア戦で10人のコロンビアに1勝しただけで、あとは2敗1分した日本チームがどうして強いといえるのでしょうか?と話しました。

セルジオ氏は、相手選手の退場のお陰で数的優位だったコロンビア戦のみの勝利に終わったロシアワールドカップを振り返り、これでよくやったと褒めるのを納得できないと主張しています。

確かに冷静に考えると、1勝2敗1分ですから善戦したとは断言できません。

負けといて労いが優勢する国は、世界ではあり得ないことです。
、「こんな勝てない国にどうして辛口がボク1人しかいないの? これで“よくやった”というなら、もう勝たなくても良いってことになる。外国なら負けたら慰められることはない。負けても慰められるというのは強くない証拠」とし、結果にシビアな姿勢を示すべきとの持論を展開した。

日本代表の戦いぶりには世間的にも『よくやった!』とのねぎらいムードに対して、超辛口で知られるセルジオ越後氏は決してブレません。

「負けても慰められるというのは強くない証拠!」というセルジオ氏のコメントは的を射てると思います。

日本代表のファンではなくて批評家ですから、厳しい意見が多いのは仕方がないのかもしれません。

ブラジル人というのも日本では違和感がある一つの理由だとしても、不快な人は見なければ良いし、反応しなければ良いだけです。

「愛のムチ」も必要でしょう。

セルジオ氏のような人もいないと、ぬるま湯に浸かってばかりでは進歩もないです。

もしベルギーに勝利してブラジルに善戦したら、セルジオ氏といえども凄く褒めるでしょう。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

川島永嗣が3位好成績の真相!ロシアワールドカップでセーブ数に賛否両論 [サッカー]

 サッカー日本代表GK(ゴールキーパー)川島永嗣がロシアW杯に出場した際に、興味深いデータが判明して話題になっています。

 グループステージ初戦でのコロンビア戦では、FK(フリーキック)で失点したときのポジショニングのミスは最低でした。

そもそもポジショニングの悪さは致命的で、日本のサポーターは優しすぎる。

これが欧州や南米だったら、もっとボロクソに叩かれてる。

続く第2戦のセネガル戦ではパンチング処理を誤って、痛恨の失点を期しました。

守護神の川島だったのですが何度も決定的なミスをしてしまった。

しかし、川島は“セーブ数”についてはロシアワールドカップのW杯出場しているGKの中でも3位にランクインしていたという指摘もあります。

サッカー専門分析機関の“Opta”が今回のデータを発表して話題になっています。

最多のセーブ数は25回を誇ったメキシコ代表ゴールキーパーのギジェルモ・オチョアでした。

全体の最高のセーブ数となり、デンマーク代表ゴールキーパーのカスパー・シュマイケルが17回の2位となりました。

そしてセーブ数の3位が川島で14回の記録となりました。

決勝トーナメント1回戦のベルギー戦での1失点目については川島のミスを追及したメディアもいます。

その一方で、ロメル・ルカクの果敢なヘディングを跳ね返す弾き飛ばすプレーも目立っていて活躍も見受けられました。

評論家によると、ロシアW杯での川島永嗣に対して賛否両論の評価を下しています。

セーブ数という観点のみに絞れば、評価に値する好成績だったのを認められます。

ただし、ネット上では『(浴びたシュート数の)分母が多いだけの話。ミスが多すぎる』『やらかし方が酷いし、守備範囲狭いし、判断力ないです』
『トータルで言うとマイナスだったと思うけど』という依然として厳しい意見が多いです。

また、川島にも問題はあったけど、川島を起用しなければいけなかった日本の人材も問題』というような日本の薄い選手層にも問題があるとの指摘もありました。

 確かに苦戦を強いられていた日本が他国よりも多くのシュート数を浴びたことも、3位に選ばれた理由をを担っているのも否定できません。

しかし、14回もゴールを守りピンチを切り抜いたことは評価に値するでしょう。

データ上では、日本は敵チームにシュートを枠に打たれる率が高すぎます。つまり、相手がシュートを打つ際のディフェンスの寄せが甘すぎるでしょう。



川島には苦しい時期となりましたが、このままでは欧州主要リーグはもちろん、J1のチームですら彼を採用するより若手を選ぶでしょう。

さらなる磨きと奮闘に期待したいです。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

西野朗ジャパン後の新監督は誰?クリスマン就任否定説の理由 [サッカー]

 西野朗監督が統率していたサッカー日本代表は残念と達成感の両極を感じながらロシアW杯から帰国しました。

「初ワールドカップから20年。そろそろ日本人監督でもいいんじゃない?」

「西野JAPAN、短い期間で、すごい結束力だった!」

「このまま、もっと見たかった!」

などさまざまな意見もあります。

新しい監督就任の話が沸き上がっていて、“西野ジャパンが解体される見込みが近づいているようだ。

 1勝1分1敗でのグループステージ突破から、強豪ベルギー戦では善戦したが負けて終わりました。

今回のロシアワールドカップ大会直前の2カ月前になって、西野ジャパンが慌てて就任しました。

突貫工事で侍ジャパンの意思統一を図って戦いました。

批判と辛口コメントもありますけど、勇敢な戦いぶりは評価されてしかるべきですし、世間では続投の声もが頻出しているのも事実です。

 その一方で、元ドイツ代表監督で名門バイエルン・ミュンヘンなども指揮した経験を持つユルゲン・クリンスマンの日本代表監督就任説がふじょうしているともいわれています。

今のところ、熱戦してきた西野監督はワールドカップ終了した時点で代表監督を終える可能性が濃厚のようです。

ラモス瑠偉や岡田武史ら日本サッカー界の重鎮たちは以前から主張してきた中で、代表監督は日本人を押しています。

西野ジャパンによる快進撃を検証してわかるように、代表監督は日本人選手のメンタルや考え方をじっくり理解しているのは自国民だからという発想なのでしょう。


ただし、海外で活躍する選手が日本人監督を馬鹿にして言うことなんか聞かない!という意見もありまして、野球と違ってサッカーはフィールドにでてしまえば、監督をほとんど無視する。

もうひとつは、代表監督は他国の監督との繋がりが必要です。

監督同士が試合をトップダウンできめるともいわれています。

不評だったハリルさんにしても、ハリルのコネで親善試合が決まったとかないとか…。

これが本当なら、岡田も言っていますけど、条件をみたす日本人では中田英寿くらいでしょう。

ご本人はやる気ないようですが…

いずれにしても、西野監督のリーダーシップはもちろんのこと、クリンスマンが日本人を認識しているとは思えません!という意見が多いです。

また、クリンスマンにはドイツ代表を指揮していた時代、母国であるドイツに定住しないで、親善試合や国際試合を終えるたびにアメリカの自宅へ即帰国していたことで猛批判を浴びたそうです。

外国人監督にはよく起こりがちな問題とのこと。

指揮する国のプロリーグの確認や若手発掘などをおろそかにするのはサポーターから嫌われるタブー行為でしょう。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

セネガル戦のヘディングした芸人は誰?ロシアワールドカップの反響力 [サッカー]

現地時間の6月24日に行われた、サッカーのワールドカップロシア大会の日本対セネガル戦で、セネガル選手がシュートしたボールがゴール裏に飛んできた際に、応援していた男性がヘディングして話題となりました。

「あの男性は誰だ?」と世界中で評判になっていました。

お笑いコンビ・カカロニの菅谷直弘という日本人です。


25日に菅谷さん自身がアメブロを更新していて、日本代表が善戦していたセネガル戦をフィードバックして、思いを書いていました。

菅谷さんはロシア・モスクワからブログを更新していてセネガル戦を振り返り、「2度のビハインドを追いつく同点劇!最高でした!」と褒めたたえていました。

「日本代表がこのレベルの試合で2度も追いつく、それも少ないチャンスをしっかり決め切る試合ってちょっと記憶にないですよね!!」と興奮気味に語り、「それをこの大一番でかましてくれるなんて!!改めて最高でした!!」と総括した。

話題となっているヘディンしたときの感想に関しては、「ゴール裏のスタンドにいながらも気持ちはピッチにいたとも語っていたのが印象に残ります。

セネガルのエンディアイエ選手のシュートを咄嗟にヘディングで跳ね返していたのは、日本代表の選手たちと同様の気持ちだったからだと言っています。

そのため、ハンドできないで思わずヘッドでクリアーした状態になったのでしょう。

なお、上着を着用してしなかったのは、初戦のコロンビア代表との試合中にコロンビア人のサポーターとユニフォーム交換してしまったからだそうです。

日本国内ではSNSやテレビ放送などで情報が拡散していてものすごい反響があった模様です。

また、ワールドカップの影響力も強さは半端なくて、全世界でこのヘディングクリアーが知らされることになりました。

レバークーゼン公式ツイッターからもコメントが流れていたし、ドイツのサッカークラブ「バイエル・レバークーゼン」の公式Twitterからの率直な意見が飛び出していました。

「キャッチすると思いきや、まさかのヘディング!」

アレはいいヘディングでしね。

「あの素人さん、きっと有名になるだろうなぁ」と思っていた人も多かったでしょうが、芸人さんだったとは面白いですね。

これからは様々な媒体から声がかかると思うのでフリートークも頑張って良い仕事を期待しています。

本田圭佑選手の他にも運気を持っているなぁ~と感じます。

売名でもなんでもなく、これから仕事がたくさん舞い込みそうです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

久保建英は天才肌!バルサやFC東京が契約、中学生Jリーガーの秘密 [サッカー]

“秘密兵器”として未来の活躍が期待されている中学生Jリーガー、久保建英(15)。

「日本のメッシ」の実力が楽しみです。

2011年8月、当時10歳の久保は、スペインの名門クラブFCバルセロナの下部組織に入団しました。

100ゴール以上を記録する活躍をしたそうで驚きます。

FIFA(国際サッカー連盟)が定める未成年者の国際移籍禁止に抵触したと判断されて、残念ながら昨年退団した。

帰国後はFC東京にスグに所属できたですから実績が半端ないです。

サッカー界で飛び級があるんですね。

中学生でありながら18歳以下の日本代表にも選出されて光り輝く人材であるのは間違いです。

久保建英は緩急を織り交ぜたドリブルで相手を翻弄する日本人選手は今までに存在しないタイプです。

国内の同年代選手の中では久保を止められる選手はいないでしょう。

9月16日にはJリーグ公式戦出場が可能な資格を獲得したので、リアルなキャプテン翼の世界が現実になります。

今は海外遠征中ですけど、帰国後にはJ1デビューの中では最年少記録を更新するのが確実のようです。

 スター選手への階段を駆け上がる久保には秘密トレーニングがあるのをご存知でしょうか。

日本代表の長友佑都らが実践してきたのと同じように、彼も体幹トレーニングがポイントです。

 プロトレーナーの木場克己氏によると、久保は15歳とは思えないほどのプロ意識の高さをもっているそうです。

最強にキツくて乳酸が溜まりやすい体幹トレーニングを続けるのは現役アスリートでも大変です。

ところが、久保は、無表情ままで律儀にトレーニングをこなす…

メジャーリーガーのイチローと重なります。

まさに天才とは、陰ながらひたむきな努力の結果なのかもしれません。

 スペインの名門バルセロナは、日本サッカー界の天才少年を再び獲得するでしょう。

3年後の19年6月に久保は18歳になれば国際移籍ができます。

すでにバルサとFC東京の間では、合意をしているようでビックリしました。

久保は2020年東京五輪への出場を熱望していても、バルセロナは容認しているようで高待遇ぶりにも驚きます。

しかし、世界一のビッグクラブが惚れ込むほどのトップクラスのポテンシャルがありながら、今までにも消えた選手は多いです。

最も怖いのはケガです。

外国人に当たり負けしないこととケガ予防のために、柔軟性や下半身強化のトレーニングを実践しています。

日本代表がFIFAランキングで上位にのし上がるために、ワールドカップやオリンピックで勝利するためにも、久保が救世主です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

W杯で渋谷が痴漢被害続出!フリーガンを取り締まれー [サッカー]

日本人が世界中に恥をさらしてしまった。

FIFAワールドカップ2014ブラジル大会の「日本対コートジボアール」での出来事です。

渋谷には多数の若者が集まっていて、応援するだけ何も問題がないのですが最悪のマナー違反が多発しました。

試合に興奮して一部のサポーターが痴漢行為に走って、歩行者の女性の胸を触ったり揉んだりやりたい放題の暴挙をしでかしました。

これは最低ですね。もうこのレベルの人たちはサポーターではなくて変態、犯罪者ですね。

ワールドカップで高揚して節度があって騒ぐのはいいけど、痴漢は刑法違反にあたります。

興奮して人に迷惑をかけて良いはずがない。

渋谷に行く人は、W杯サポーターと偽った変態や痴漢に気をつけてほしいし、被害に巻き込まれたくないなら行かないほうが安全です。

しかも対戦相手に負けた上に、暴徒と痴漢のスクランブル交差点だなんて国民レベルのアホさ加減を全世界にアピールしているようなもんです。

とても蒸し暑い試合環境で戦い抜いた日本代表選手たちに泥を塗るような行為です。

サポーターだと自覚しているならば本気で選手を応援しましょう。

負けてハイタッチってどういうこと?しかも痴漢と暴徒だんて最悪で恥ずかしい。

ところで、警察は何をしていたのですか?

DJポリスだんて生ぬるい対応でダメなくらい学習してほしいです。

現行犯逮捕しないのはなぜですか?

心に傷を負ってショックをうけている女性もたくさん存在している事実を無視するのでしょうか?

警察が本気で検挙に乗り出す行動を示せば注意喚起と抑止力につながるはず。

純粋に応援しているサポータにとっても迷惑なはずです。

フーリガンにならないでください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

浅田真央の高い学習能力!フィギュアスケート振付師が秘密暴露 [サッカー]

フィギュアスケート振付師、宮本賢二さんが「浅田真央は困るくらい頭が良い!」と絶賛しています。

宮本氏は年間約50人のフィギュアスケート選手の振り付けを担当する、日本No.1の振付師だと申し上げてもいいほどです。


数年前まで日本選手は振り付けを外国人に依頼することが多かったが、

宮本氏は日本人振付師として世界で確固たる地位を気づいている。

2010年のバンクーバー五輪では、高橋大輔選手や鈴木明子選手、安藤美姫選手そして浅田真央選手の振付けを担当して高い評価を獲得して世界に通用するまでに結果を出してきました。

『ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』に出演した宮本氏の話が面白かったです。

は鈴木選手とゲスト出演し、振り付けの指導方法や選曲の基準などがプロの職人だと感じる秘密が分かりました。

一流選手たちを指導するにあたって、指導に最も困ったのは浅田真央選手だったそうです。

振り付けを覚えるのが異常に早かったとのこと!

宮本氏は選手のすべりをみたり、一緒に滑って創造力を働かせるタイプ。

浅田選手はすぐコピーして自分のものにしてしまう能力が凄すぎるそうです。

確かに振付師を泣かせるほどの逸材かもしれませんね。

浅田真央選手ほどの世界トップレベルですから、振り付けを担当するのも超一流の作品に仕上げるプレッシャーも相当なものだと思います。

素人からみていて、新しい振付けを生み出している現場を見てみたいですね。

浅田さんの練習風景もみたいです。

プロ中のトップクラスの二人が作品を作り上げる作業を垣間見ると、仕事や経営にも役立つ新たな発見があるかもしれません。

一般公開してほしいです。

ちなみに、宮本氏の年収はかなりのものらしいです。

年間50人以上ものクライアントがいるのですから高収入になるのは当然かもね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

W杯日本代表発表!大久保・中村憲剛・栗原の舞台裏 [サッカー]

12日は歓喜の声がこだましました。

ブラジルW杯を戦う日本代表メンバー23人が発表されてザッケローニ監督から発表されたときのどよめきがありました。

毎回、サプライズ選出が注目されていますけど、今回は川崎フロンターレの「大久保嘉人」でした。

早速ツィッターで絶叫のツィートがバンバンきていて、川崎のサポーターから喜びの声が直球で受け取りました。

その一方で、選考漏れの選手らの支持者たちからは残念なメッセージ、不満・怒りの内容、大久保を素直に応援する内容、など様々な思いがこもっていました。

人生の全てをかけてワールドカップ代表を狙ってきた選手たち全員にエールを送りたいです。

残念ながら落選した選手には次の目標を目指して躍進してほしいです。

をのんだ選手たち・・・

う~ん、中村憲剛はいけるかも!?と思っていましたけど、届かなかったかぁ~。

中村憲剛の中央大学サッカー部での先輩でお笑い芸人・パンサーの尾形がツィッターでコメントしていたのをみました。

「憲剛ー! 俺の中でNo.1は憲剛だ!!」という発言には複雑な感情が入り乱れていると思います。

個人的に、横浜F・マリノス所属の栗原勇蔵がいけるかも!と期待していましたが、残念でしたね。


昨年まで日本代表常連メンバーだった栗原だったのに、今年になってから出場というより招集さえされていませんでした。

サッカーセンスはあるけど、フィジカルが弱いと判断されていたのかなぁ。

23人のメンバーに栗原の名前がないこと、翌日の予備登録メンバーにも漏れたのは想定外でした。

 サッカー人生にとって、ワールドカップ代表の当落は夢の実現の天国と地獄です。

選手たちだけではなく、その選手のファンにも様々な思いやドラマがありますね。

ブラジルw杯のツアーや日本代表の試合日程をしっかり把握して、現地で応援とテレビ観戦のスケジュールを組みたいです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - サッカー ブログトップ