So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ
前の10件 | -

西武が松坂大輔の獲得!古巣の活躍はグッズ販売の売上げ? [スポーツ]

西武が一両日中にも、松坂大輔投手(39)の獲得を発表する。

獲得が確実となっている松坂について、渡辺久信GMが12球団合同トライアウト視察時に取材に応じ「継続して調査中」と説明。

球団は同投手が中日を自由契約になった直後から調査を続けてきた。

「本人はアメリカにいるということだし、すぐということはないと思う。来年のキャンプまでには白黒はっきりつけたい」と話すにとどめたが、交渉解禁を受け、即獲得に乗り出す。

大幅減俸ながら交渉に支障はなく、合意に達し次第、発表する見込み。

「平成の怪物」がいよいよ、14年ぶりの古巣復帰を果たす。

 プロ入り後も、イチローや上原のように実直に直向きに野球に打ち込んでいたら、それこそ無双の活躍をしていたと思うが、出会った大人たちに甘やかされ過ぎたことがとても残念です。

若い頃は活躍したんだろうが最近は野球をせず練習もしない印象だけです。

イチローが松坂のことを以前、「深いところで野球を舐めている」というような事いっていた。

しかし、それが全てな気がする。

おそらく高校時代では猛練習して厳しい環境だったと思うけど、自主性が求められるプロに入ってからは才能でやってきただけでしょう。

怪我して才能の蓄積が衰えたのは目に見えていました。

いつまでたっても身体は絞らないし、自己管理や努力ができない資質なのかもしれません。

グッズ販売とかでは貢献できるとは思いますが、プレーで魅せるプロであって欲しいです。

現役投手としての戦力とみて獲得したとは考えられないです。

近い将来のフロント入りを考えているのでしょうか。

松坂投手は年齢的にも球の球威をみても来季は最後のシーズンになる可能性が高いと思います。

もう一度勝利するところが見たいですけど、はたしてどうなるでしょうか。

西武からしたら、勝ち星度外視なのは間違いないでしょう。

松坂投手は球団の功労者でもあるし、予告先発すれば集客力もありグッズも売れるとう筋書きです。

年俸が4千万くらいでも十分に黒字が見込めるというわけです。

これが一億円超プレイヤーなら、費用対効果を考えて即アタックはなかったと思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

井上尚弥が判定勝ちのWBSS制覇!バンタム級世界一の偉業でドネア倒す [スポーツ]

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が2019年11月7日、さいたまスーパーアリーナで行われた。

WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。

「世代交代」を宣言したバンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。

WBA正規王座の3度目の防衛とともにスーパー王者に昇格しました。

IBF王座は初防衛となり、日本人初の2つのベルトの同時防衛に成功した。

 最初は両者とも落ち着いた立ち上がりだった。

1回は互いに探り合うかのようにジャブを出す。井上の異変は2回に起きた。

1分頃に左フックがドネアの側頭部にヒット。

しかし、ドネアも左フックを突き刺し、井上の右目上をカットさせ、血が流れた。

井上が右手で固めたガードの上から左ボディーを叩き込み、鈍い音が鳴る。ドネアが井上を後退させる場面が目立った。

 ハイレベルな攻防で火花が散ったが、井上が鼻血を出す場面もあった。

右目が腫れ、苦戦を強いられて迎えた9回、ドネアの右ストレートが炸裂し、井上がたまらずクリンチ。

しかし、ドネアはうまく距離を取りつつ、パンチを当ててクリンチを許さなかった。

ただ、11回に反撃。1分過ぎに井上の左ボディーが炸裂し、ついにドネアが膝をついてダウンした。

 歴史的死闘は最終12回に突入。2万人が尚弥コールで後押しする中、井上はパンチを浴びせた。

12回を終えて両者が抱き合う。KO決着とはならなかったものの、スタンディングオベーションの拍手がすごく、結果は井上の3-0判定勝ちだった。

 試合前から闘志むき出しというより、お互いに敬意を評していた両者でした。

本当に素晴らしい試合になりました。

2人ともすごくタフな精神と死闘だったのが素人でも心に響きました。

戦前に分が悪いといわれていたドネアの勇姿には感動しました。

注目度の高い試合くらいしか観ない人なのに、試合してない自分も力入りすぎたのか、何もしてないのに疲れた。

井上選手がぐらついた時にマジで負けるのかと思ってしまった。

井上が負けるかと思ったシーンもあったけど、そこを凌いで次のRからは一気にペースを掴みました。

その逆境を乗り越えて勝利したんだから本当に凄い。

11Rのダウンを取った時は思わず声が出そうになる人は多いです。

選手の中でもドネアは最も印象に残るファイターの一人になりました。

さすがはレジェンドすごかったです。強さと巧さが融合した試合だった。

井上の弱点や課題をちゃんと見せてくれて壁になってくれたドネアは最高の選手です。

しかもボディもろに食らって立ち上がってくるとは‥打たれ強さも最強。

とにかく勝てて良かったし、井上はまだまだだと実感しただろう。

ドネアが全盛期だったらとかそういう問題ではないと思います。

今のドネアだからこその強さが見えました。

一方、井上もこれからもっと強くなると感じました。これからもずっと応援していきたいです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

清原和博が球界復帰!ワールドトライアウト会場に監督登場 [スポーツ]

清原和博氏が16年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕されて以来、久しぶりの“現場復帰”を果たした。

横浜市のサーティーフォー保土ケ谷球場で開催された「ワールド・トライアウト2019」の予選会に監督として出席し、紺のスーツ姿、水色のネクタイを着用して球場に到着。

球場の場内アナウンスで監督と紹介され、グラウンドに登場すると大声援と拍手が起こった。

 整列し円陣を作った選手の前で“訓示”もした。

この日は、独立リーグの選手らが参加する試合形式の公開トライアウトを行う。

清原氏はそのトライアウトを視察し、30日開催の本戦(神宮球場)の選手選考を行う予定。

“指揮官”として足を踏み入れた球場の雰囲気を堪能したようです。

この企画はもし清原が再度罪を犯すことがあるならば消滅してしまうのは目に見えています。

清原にはプロを夢見る野球人の将来も背負っているという自覚も持ってもらって、それを自らの歯止めにして更生に努めてほしいです。

球界も昔と違って働ける場が増えた。

これを球界圏内と呼んでいいかわからんが増えたのは悪くないと思います。

引退したらコーチと解説者しかなかったが、いまはアジア球界もあれば、国内独立リーグもある。

学生指導も可能になってるし、アマチュアに戻ることも出来きます。

第二の人生の選択肢が増えてきて改善に向かっています。

昨日みたいに田代まさしの再犯が出るとどうしても名前を出されたりするだろうが、誘惑に負けずに必ず更生し続けてもらいたい。

子供の未来や希望の為にも頑張れ、応援してます。

クスリを辞めるには、定期的に医師に診断書を出してもらい、弁護士など第3者が定期的に確認して、クスリをやっていないのを証明することが必要だと思います。

薬物依存症からの脱却は、口で言うほど簡単では無い。

それでも、周囲の助けと本人の意志の強さ次第で抗える。

今はクスリをやっていないことを、証明し続けることが大切です。

それで依存を断ち切った人も多いし、逆にそうやって第3者が介入し続けない限り、自分の意識だけだと断ち切れないのが覚醒剤です。

本当に周りの支え(というか、半ば強制的なお節介なほどの介入が必要です。

 清原さんの場合、執行猶予中でもこういった役目をもらえるのは、清原を助けたいと願う人間が多いからです。

野球という仕事に対する責任感が意志の強さに繋がり、彼を救う可能性もあリます。

清原は諦めてはいけないし、周囲は誰も諦めていない。

一度ミスを犯した他人に対してやたらと厳しい人間が決めつけるから、可能性がゼロとみなされ、居場所が無くなってしまう。

逃げ道を求めて、再び薬物に手を染めてしまうという悪循環のループにはまってしまう。

これが、薬物依存の恐ろしい無限ループを助長することになります。

欲求に負けて再犯するのは本人だが、「またやる、と決めつけて否定しかしない人間」が救いの無い環境を作る。

覚醒剤のみならず、ハーブと名乗る脱法ドラッグや、かつてのシンナー。薬物依存というのは割と身近に存在する。

今の時期、他人事では無いです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

イングランド銀メダル拒否に批判殺到!海外報道も敬意なき行動を非難 [スポーツ]

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の決勝が、横浜国際総合競技場で7万人を超えるファンを集めて行われ、南アフリカがイングランドを32-12で下し3大会ぶり3度目の優勝を果たした。

名将、エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチが率いるイングランド有利の声が強かったが、想定外の完敗。

その悔しさからか、表彰式ではロックのマロ・イトジェが銀メダルを首にかけられるのを拒否。

授与直後に銀メダルを首から外す選手が続出するなどラグビー発祥の“紳士の国”の選手が見せた“紳士的でない態度”を海外メディアも報じた。

 負けて悔しいのは誰でも同じです。

ニュージーランドはイングランドに破れてマスコミの厳しい攻撃もあったが、最後まで堂々としていた。

ニュージーランドを破ったイングランドが今回のメダル拒否は批判されても仕方がないでしょう。

いくら悔しくても発散する方法は他にも多々あるはずです。

ラグビー発祥の地としての意地と誇りは認めるが、勝負の勝ち負けで優勝と準優勝なら誰でも優勝を目指してるし、勝ちたいのは分かります。

しかし、真剣勝負して敗北したのだから、セレモニーの間は勝者に敬意を払い、メダルは首にかけたままにすべきだと思う。

ラグビー発祥の地としてのプライドよりも紳士対応を優先してほしかったです。

イングランドからすれば常に上位グループにいるから、感覚がマヒして準優勝する事がどれほど名誉な事なのか忘れているのかもしれません。

銀メダルの受け取り拒否は、3位以下の国に対しても侮辱する事になり、本当に残念な行為です。

イングランドは素晴らしい試合を見せてくれただけに最後がこれでは非常に残念です。

敗北しても紳士的だったオールブラックスとの違いが浮き彫りになってしまったから、どうしても比較してしまう。

イングランドは実力もマナーも優勝するには相応しくなかったというイメージが歴史に残ってしまった。

不可解な判定や会場の雰囲気などが敗退の原因で納得できないなど、抗議する姿勢を示す場合はある程度同情もできます。

しかし、完全な敗北で、受け入れるしかない結果なのに、金メダルを獲得する資格が皆無でした。

今回は結果に相応しいメダルをかけて誇らしくお互いの有志を讃えて終わるのが紳士のはずです。

イングランドにはどうしても高慢なプライドが強すぎる国という印象しかないです。

その点、日本選手が世界各国の人から称賛されるのはおそらく相手を敬う精神があるからだと思います。

ラグビーは海外のスポーツを取り入れたものであっても日本人の選手は武士道精神を尊重していると考えられます。

このような精神構造はそう簡単に育成できるわけではないです。

それにしても予選で南アフリカを負かしたNZ以外では、日本代表は南アフリカに最も得点を許さなかった。

これだけでも改めて日本代表は素晴らしかったと感じました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ラグビーW杯のイングランド“ハカ対抗”に罰金処分 [スポーツ]

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は準決勝でイングランドがニュージーランドを下し、決勝進出を決めた試合前の模様が話題になりました。

この試合前にオールブラックス伝統の「ハカ」にイングランド選手たちが対抗したやり方が取り出されました。

イングランドがニュージーランドのハカにV字フォーメーションで対峙して罰金処分を受けたと英地元紙「ガーディアン」が報じて明らかになりました。

V字隊列で取り囲むシーンは今大会屈指の名場面となりました。

しかし、主催者の国際統括団体ワールドラグビーはこの行動でイングランドに罰金処分を科した。

 その奇襲ともいえるイングランド選手の行動は世界中を驚かせました。

オールブラックスが「ハカ」の隊列を組み、リード役が掛け声を上げ始めると、イングランドも動いた。

センターサークル付近でV字の陣形を形成して、中央のオーウェン・ファレル主将は笑みを浮かべるなど、不敵な態度を崩さなかったのです。

イングランド主将の“不敵ニヤリ写真”は海外で絶賛されるほどインパクトありました。

 大会規約では対戦チームはキックオフ前に敵陣に入ることは許されていない。

ハカの際に、イングランドのV字隊列の両端の6選手がV字編隊で敵陣に侵入したのだ。

これが規約違反の対象となったと報じられている。

ワールドラグビー側も29日に「V字の問題は既に処分済み」と発表したという。

奇襲成功の代償は罰金35万円以下と見られ、名将エディ・ジョーンズ監督は軽微なペナルティで最大の効果をもたらしたと言えるかもしれない。

罰金なんて微塵も痛くも痒くもないのでしょう。

キックオフ前のパフォーマンス行為に公平性を問われているけど、選手たちはそんな事微塵も考えていなくていかにその試合を勝つかを優先している。

フランスがハカに対して前進して罰金を受けたのは知られていたわけだから、審判に注意されてもハーフライン超えてた時点で罰金になるのは前例の通りとの見方もあります。

おそらくイングランドは承知の上でハーフラインを超えてV字のパフォーマンスを行ったのでしょう。

センターラインを超えた罰則だけでハカをしているときにV字になった事は批判されていないです。

センターラインをまたいだ場面で、試合当時の審判の対応が間に合わなかったので軽微な罰金だけで済んだのかもしれません。

これからはラインを超えたら即座に反則を取られるでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

初のW杯8強!ラグビー日本快挙に感動、スコットランドに勝ち4連勝 [スポーツ]

ラグビーW杯1次リーグでスコットランドに勝利して初の8強進出を決め、喜ぶ日本フィフティーン=13日夜、横浜市の日産スタジアム

快挙!日本史上初ベスト8!!全勝!おめでとうございます。

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で世界ランキング8位の日本がまたやりました。

13日、横浜市の日産スタジアムで行われた1次リーグA組最終戦で同9位のスコットランドを28―21で破って無傷の4連勝!

初めて8強入りする歴史的快挙を達成した。

イギリスでは、日本の強さはミラクルと言われました。

日本での日本の強さは、本物になりました。

この4年間の飛躍は凄いです。

 1987年の第1回大会から全てに出場している日本はアジア初開催の舞台で9度目の挑戦が実った。

勝ち点5を加え、同19のA組1位となった。

20日に東京・味の素スタジアムで行われる準々決勝では、前回2015年大会で金星を挙げた優勝2度の南アフリカ(B組2位)と対戦。

 日本は過去1勝10敗だったスコットランドに、計4トライで雪辱した。

スコットランドの底力もすごかったです。

前半終わった時には、「これはいけるかも」と思いながら、後半は非常に苦しい時間が続きました。

後半開始早々にトライを奪って楽勝ムードからのこのせめぎ合いにはハラハラドキドキ。

ラスト3分。どうにか守ってくれとテレビの前で固唾を飲んで見守りました。

それを破っての全勝突破!台風の被害もあったなかでの開催、稲垣選手のインタビューでの言葉がとても印象的でした。

スポーツには人々の心を動かす力があると思っています。そんなスポーツの力を感じた一戦でした。

福岡選手や松島選手、リーチ・マイケル選手らが随所で好プレーを見せてくれ、最高の勝利を勝ち取ってくれました。

台風19号の被害など、目を覆いたくなるニュースが相次ぐ中で、両手を上げて喜べる結果は、嬉しさを超えて、日本中に力を与えてくださっています!

試合後のインタビュー、稲垣選手が被災地のことに触れてくれたのが嬉しかったです。

カナダやナミビアの代表が岩手県でボランティアをしてくれたのにも、さすが紳士のスポーツと感激しました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

バスケ日本代表が買春!ジャカルタ風俗の口コミ裏情報 [スポーツ]

 アジア大会に出場したバスケットボール選手の4名が買春したことが発覚しました。

4人は8月17日未明、公式ウエアを着たままジャカルタ市内の歓楽街「ブロックM」の路上で現地の女性に声を掛けられ、ホテルでエッチをしたそうです。

気持ち悪い。顔出しで謝罪なんて、恥ずかしすぎる。

東南アジアの売春といえば、ベトナム、タイやフィリピンがよく知られています。

インドネシアのジャカルタについてはどのような口コミと評判が叫ばれているのでしょうか。

マレー系ですから肌が黒くてあまり人気はありません。

基本的にイスラム教の国なので、女性は性サービスを熱心にやりません。

地元の男性が対象の売春宿だと3000円程度で性サービスを受けれるらしいのですが、可愛い女性や美人と出会える確率は低いそうです。

その一方で、お金持っている外国人対象のエスコートクラブに所属している売春婦はレベルが高くて英語を喋れて身なりもおしゃれです。

日本人がホテルにチェックインすると、現地の男性の業者からカタコトの日本語で売り込み電話してきます。

旧宗主国オランダの血縁の女性は顔立ちが整っていて、やることやるには5万円前後とちょっと高めで、白人や日本人のビジネスマンを客にしたがっています。


■小遣い稼ぎ

 今回の騒動では、4選手がカラオケ店の女性を“お持ち帰り”したと報じられた。

連れ出して店外デートできる店は、日本人のビジネスマンなどを接待のために利用することが多いそうです。

料金は1人当たりの飲み代が約1万円、女性と一緒に外出する際に店に払う連れ出し代が1万円。これに女の子に払うセックス代1万5000円とホテル代5000円を加えて、合計4万円が相場という。

白人のビジネスマンはカフェバーなどで売春婦に声を掛けられるのを待ちます。

気に入ると宿泊しているホテルに連れて帰って、一緒に食事もするので恋人みたいです。

小遣い稼ぎのOLが多く、セックス代の相場は1万円。1万円は貧しい女性の半月分の生活費に相当します」

 バスケの4人はハメを外してしまった。ユニホームを着替える余裕がないほど我慢できなかったのだろうか。

ユニフォーム着たまま外出しても男だけでメシ食ったなら、注意だけですんだはずです。

よりによって買春とは…世界中に恥さらして軽率すぎます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ボクシング山根会長の暴走を助長!公式記録なし経歴不詳の裏情報 [スポーツ]

元オリンピック代表選手ら関係者333人がアマチュアの日本ボクシング連盟を告発した問題は二転三転しています。

山根明会長が「全部がウソ」と反撃してきて、法的措置を示唆しています。

これに対して「日本ボクシングを再興する会」も徹底抗戦の姿勢を示しています。

戦いがスタートしてからというもの、容赦ない殴り合いは激しくなる一方で、今となっては泥沼の状態となっている模様です。

そして、まさに不正の総合デパートです。

「奈良判定」に代表される不可解な判定、「おもてなしリスト」の過剰接待、アスリート助成金の不正流用、グローブなど用品の一族による独占販売…。


■ボクシング実績はゼロ!?

 渦中の山根会長には、大きな疑問が残っていて、この男の素性が不明です。

学歴も職歴も不明。プロボクサーとしての公式記録には残っていないのに会長になれたのは不思議です。

日本ボクシング連盟の会長というのは高校や大学で指導者として実績を残して、理事になった後、基本的に推薦を受けてから就任します。

山根会長の場合、そのような過程をすっ飛ばしているのが意味不明です。

あえて言えば連盟の上部団体に国際ボクシング協会(AIBA)というオリンピック等の統括組織があって、そこで権力を握っていたようです。

だから、指導力よりも政治力で出世した典型例でしょうが、どうしてAIBAで重宝されるようになったかの理解できません。

 山根会長の背後には、もうひとつダークなヤクザ組織が見え隠れしています。

風貌や言葉遣いがヤクザ風な事と「裏社会と繋がりある事」は明らかに違うが、山根会長の場合、裏社会のほうでしょう。

現在は解散しているが山口組傘下の暴力団事務所に頻繁に出入りしていたというのだから、どうしょもない人間です。

こんなデタラメな山根会長のような人物の暴走をなぜ制止できなかったのでしょうか?

おそらくアマチュアボクシングがマイナー競技というのが原因だと思われます。

野球やサッカーのように競技人口が多いスポーツ、水泳・スケート・テニスのようにメダル狙える競技であれば、外部から厳格な監視が行き届いていたはずです。


品格、識見、教養、何一つ持ち合わせていなかったのが露呈しました。

どうして、こんな低次元な人物が会長になれたのか、そしていままで放置されていたのか理解できません。

マイナー競技とはいっても、スポーツマスコミは何も対処しなくて本当に残念です。

自分で自分の事を「カリスマ山根」「世界の山根」だの平然と名乗るとは、変人で横柄な人間性だと表れています。

日本ボクシング連盟が、独自で体勢を立て直すことができるのか疑問が残ります。

ボクシングに限らず、アマチュアスポーツの世界が大きな曲がり角に来ているのは間違いないです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

貴乃花一門の解散理由!弟子育成しながら復権狙う裏工作!? [スポーツ]

 貴乃花親方(45)が自らが立ち上げた「貴乃花一門」の看板を下ろす決断をしました。

自分の部屋を解体、消滅して一兵卒からのスタートを宣言しています。

しばらくは一門内に席をおいているが、近いうちに一門からも離脱して、一匹狼で活動することも視野に入れているのもしれません。

貴乃花親方の新たな動きに注目が集まっています。

 貴乃花親方の決断と動向は早かったです。

弟子の貴公俊が暴行事件を引き起こしたことを理由で、貴乃花親方が監督責任や無断欠勤などで2階級降格処分を受けて、ヒラ年寄にまで降格となりました。

貴乃花親方は春巡業メンバーからも外されて静かにしていたのに裏では巧妙に動いた模様です。

 関係者によると、貴乃花一門は4月中旬、都内の千賀ノ浦部屋で一門会のメンバーを集めました。

貴乃花親方はじめ7人が参加しました。

立浪親方(元小結旭豊)は一門と距離を置くことを表明していて、今まで一門と行動していた錣山親方(元関脇寺尾)らも不参加だった。

一門の結束が緩んできたので、欠席者が続々と増えてきたのでしょう。

この状況を踏まえて、貴乃花親方が自分の名前のついた貴乃花一門をいったん解散したいと申し出ました。

この突然の申し入れに参加者たちは動揺したのは当然です。

 ゼロからスタートを切る!という気持ちに偽りはないことが伝わったのでしょう。

一門会での話し合いは、およそ30分に及び、結局「貴乃花親方の決意は固い」と見た一門の理事の阿武松親方(元関脇益荒雄)が了承。

貴乃花一門の消滅はあっけなく決まった。

今後のことは八角理事長と相談しながら決めていくことになるが、これで貴乃花親方は名実ともに表舞台から消えたことになるのは確実です。

数か月前までは協会の理事で巡業部長だっただけあって、これだけ大転換してから、部屋の看板をおろす裏側に何が隠されているのでしょうか…。

 一門の内情に詳しい人間たちは、貴乃花親方がいずれ復権するのを疑っていません。

貴乃花親方はまだ定年まで20年もあるから、時が来たら動き出すと考えられます。

しばらくは、貴乃花親方は弟子の育成に専念すると思われます。

貴乃花親方は弟子の育成に長けていて、その能力があることで評判高いです。

部屋を構えてから14年程度で、貴ノ岩、貴景勝、貴源治ら、4人もの若くて素質のある関取を育てたことでも明らかだ。

その中から三役、大関が育ってきた時が、復権するときだと思われます。

10年以内に、弟子たちも育っていれば、その頃には八角理事長時代は終わっている可能性も高いです。

ところが、土俵の女性禁制や暴力事件など、相撲界のトラブルが後を絶たない今となっては、八角理事長が長期も続く可能性は低いかもしれません。

貴乃花親方はタイミングを見計らって、一門を復活させようと計画しているのならば、虎視眈々としばらくは大人しくしているのでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

大坂なおみ躍進の裏で高額な放映権料に悩む地上波テレビの本音 [スポーツ]

 弱冠二十歳の大坂なおみがBNPパリバ・オープンでのツアー初優勝しました。

さらに躍進は止まらず、今度は大坂が憧れの選手に勝ちました。

3月21日に開催されたマイアミ・オープンの一回戦で、セリーナ・ウィリアムズに勝利したのだ。

テニス4大大会で14回の優勝を誇るセリーナウィリアムズに対して、セットカウント2-0のストレートで勝ったのですから素晴らしいです。

この勝利に日本中が注目している一方で、テレビ業界としては大坂の活躍ぶりに慌てているようです。

どうして大坂の大活躍によって、各テレビ局は大騒ぎでしょうか。

ツアー初優勝が大ニュースになったにも関わらず、大坂とセリーナという注目度の高い試合はどの局でも放送しなかったのです。

マイアミ・オープンはNHKのBS1で放送されていたのですが、男子の試合だけで女子は対象外でした。

女子の試合は今のところ放送予定がなくて、日本で大坂の試合をライブ観戦できるのはネット配信サービスの『DAZN』だけだそうです。

そのため、DAZNの契約希望者が殺到しているようです。

 テニスの世界では男子ツアーの「ATP」と女子ツアーの「WTA」は別の組織で、、放映権も別です。

そしてWTAでは「DAZN」を運営する英パフォームグループと2017年に10年間で5億2500万ドル(約540億円)という巨額の放映権契約を締結しています。

この契約がテレビ局が放送できない悩みになっているのは確かです。

日本では錦織の活躍と彼の人気によって、男子テニスの放映権料が高騰しています。

スポーツ専門のCSチャンネルでは、錦織の試合を放送するために他の競技からは撤退したこともあるほど高額になっています。

それに加えて大坂の試合も放送するには、より高額な放映権料の負担となるのは確実です。

NHKのように資金力ある局なら大丈夫かもしれませんが、予算にシビアなテレビ局では錦織の試合放送を選ばず、女子テニスに乗り換える可能性も十分に考えられます。

現在、世界ランキングで大坂は22位で錦織は33位ということで、大坂は錦織を上回っています。

このまま錦織の調子が戻らなければテレビ局は“錦織離れ”がはじまるかもしれません。

 ファンとしては大坂にも錦織にも活躍してほしいのが当然の願い。それがテレビ局にとっては嬉しくも痛切な悲鳴となると思われます。

でも実際のところ、試合全部見たいという人はいるが、大坂ひとりでは放映権料と見合わないのが現実です。

地上波はニュース配信で十分。

そもそも試合時間が読めず、かつトーナメントという性格上、テニスの地上波放映はリスクが高すぎます。

有料放送は、具体的に視聴者数を読んでやるかやらないかの判断でしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - スポーツ ブログトップ