スポンサードリンク

モッピー!お金がたまるポイントサイト
前の10件 | -

アマゾンが映画会社MGM買収!アマゾンプライム動画配信で独占? [映画]

アマゾンが大手映画会社のMGMを84億5千万ドル(約9200億円)、日本円にして1兆円近くで買収する報道が話題になりました。

インターネット通販大手アマゾン・コムが買収すると発表した映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)の本社ビルでは騒然になっているのでしょうか。

ワーナーメディアとディスカバリーが経営統合したこともあり、Amazonはコンテンツ拡充を狙ってMGMを買収しました。

MGMの映像作品がAmazonでしか観られないようになるのでしょうか?

ますますテクノロジー企業とエンタメ分野の境界線がなくなります。

アマプラでのコンテンツ強化によって、コロナ禍での巣ごもり需要も後押しして、閲覧利用者が増えるでしょう。

Amazon Prime Videoがコンテンツを拡大する戦略だと分かります。

これかのコンテンツ提供会社はAmazonとNetflixとDisneyの3強になるという意見もあります。

Netflixが追い抜いて一歩進んでいるので、amazonは映画会社の買収によってコンテンツの数と質を確保して追随する戦略を取ったという声もあります。

Amazonは映像コンテンツのライナップを拡充したのを声高にアピールし、NetflixやDisneyチャンネルとの差別化を見ながらサブスクの利用者を増やそうという動きが明白です。

ただし、ここで注目したいのは日本でのAmazonプライム会員の価格がどのように変化するか現状維持になるのか気になります。

日本は4900円(月額だと500円)となりますが、他国と比較すると金額差が明らかです。

アメリカやイギリスですと日本円で約1万1100円〜1万3000円の利用料金です。

これと比べると、日本のアマゾンプライム会員費は半額以下でコンテンツを楽しめます。

ところが、今回のメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)を買収して映像コンテンツをさらに充実化させたとなると、どうしても現状価格4900円からの値上げされる可能性が考えられます。
nice!(0)  コメント(0) 

コロナ後遺症の真実がヤバい!後遺症専門クリニックが話題 [社会問題]

COVID-19(新型コロナウイルス感染症、以下COVID)に世界が翻弄されたこの1年。

日本でも再び感染拡大し、医療崩壊も懸念されている。

一方で、街なかには人があふれ、当初に比べ人々の警戒感は薄れつつあるようにも見える。

そんな中で明らかになってきたのが、回復後に高い確率で起こる後遺症の真相が話題になっています。

ポイントは以下の3つとのこと。

第一に、発症者の半数以上が、回復後も心身の不調に苦しんでいること。

第二に、軽症だった感染者や若者でも、後遺症に悩んでいる割合がいること。

第三は、後遺症専門のクリニックがふえていること。

 ファイザーのワクチンがついに接種開始しています。

ワクチンの開発の進行と同時に、パンデミックが終わる期待感も高まっているが、医療従事者は現在もCOVIDと死闘し続けています。

アメリカでは、新型コロナウイルスの感染者数や重症患者数、死亡者数の報道が続いている。

そんな最中、新型コロナウイルス感染から回復した人がどのようになったのか注目されています。

これらはCOVIDから回復後、後遺症に苦しめられている方から生々しい声を聞いて心が痛みます。

COVID後遺症はどこまで明らかになっているのか。

そして、医療従事者たちは何ができるのか気になります。

 日本国内でも新型コロナの感染が再び広がりつつある今、押さえておきたい後遺症の実態について、米国ニューヨークの医師のコメントに心を打たれました。

米国では後遺症専門のクリニックも開設されています。

日本でも今後、必要な取り組みになるかもしれません。

コロナに関する後遺症は「Long COVID」と呼ばれ、世界各地で調査研究が進んでいます。

日本でも国立国際医療研究センターが行った研究結果が発表されて、新型コロナで入院し退院した患者を追跡調査したところ、発症してから4ヶ月後でも、呼吸苦、嗅覚障害、倦怠感、咳などがみられたとのことです。

また、コロナでは心臓の障害が後遺症として残ることも報告されています。

ある研究ではコロナから回復した患者の心臓MRIで異常がみられていたり、心筋の炎症が続いていたことが報告されていたそうです。

以前から心不全の患者や高齢者にとってはコロナの悪影響が大きいかもしれません。

米国では感染者の母数が多いので、後遺症で悩む報告が多いです。

これから日本でも感染者が増えてくるとニューヨークと同じような状態を想定できます。

後遺症によるCOVIDケアの必要性がますます高まってくるとなると恐ろしいです。
nice!(0)  コメント(0) 

ガソリン車廃止に批判!EV化が環境問題の解決に疑問 [社会問題]

トヨタの社長が「日本で車をつくれなくなる」と発言したのが話題になっています。

EV化が製造や発電段階でCO2を多く排出することに触れ、そのことを理解した上で、政治家はガソリン車全廃すると言っている事を避難しています。

トヨタ社長は、電動化とはEV化にはならない、と言っているのに、そのことを歪曲して意識して複雑かつ混乱させています。

政府が30年代に新車のガソリン車販売をなくすことを検討していることに関して、全車が全てEVに変わって流通して、ハイブリッド等も許さないように誤解させるのは危険で問題です。

ガソリン車の比率が高い軽自動車を規制するようになると、地方では完全なライフラインですから、不便極まりないでしょう。

電気の需要上がるってことは日本にとって原子力発電以上に増やすしかないと思われてしまいます。

また、車一台一台に搭載されるリチウムイオンバッテリー処理の仕方が未だ確率されていないという声もあります。

電気自動車を増やすって事は実は環境破壊を推進する結果に陥りやすい!という意見もあります。

電気自動車も燃料電池も50年以上前からあった技術だと言われています。

では、どうしてそれが内燃機関のように普及しなかったかを考慮すれば、必然とわかりきっています。

CO2削減だけなら他にも方法論がいくらでもあるのに、内燃機関業界だけを批判の的にするなんてあまりにも理不尽極まりない。

能力に乏しい政治家に言いたいのは、理想論だけで語らないでほしいです。

豊田社長は日本の現状を鑑みて、ガソリン車を廃止してEV車にしたとしても発電所が排出する二酸化炭素の方が圧倒的に多いと言いたいのでしょう。

エネルギー政策の大胆な見直しをしなけえれば、ガソリン車をなくすというのはカーボンニュートラル実現にはつながらないという当然のことを主張しだけです。

日本が世界に先行して実用化したハイブリッド車でも十分カーボンニュートラルに近づける。

また、さらに低コストで済むのですから、開発途上国にはハイブリッド化を促進するほうが地球に貢献できる。

日本が主導している燃焼効率の高い石炭火力発電所も開発途上国には利点になっています。

世界全体としてカーボンニュートラルを実現するにはより費用対効果が大きい。

欧米の言い分が全て正しいと思い込むのは日本人の駄目なところです。

世界全体で見るなら日本の産業界が取り組んでいる環境対策のほうが効果あります。
nice!(1)  コメント(0) 

テレワークしない上司の理由・特徴と将来性 [雑学]

テレワークを受け入れられない社員人には、どのような理由や背景、特徴があるでしょうか。

また、テレワークしたくない上司や会社は、将来どうなっていくのでしょうか。

 家族関係によって自宅が仕事に集中しにくい環境の人はテレワークが難しいそうです。

社内の情報システムによる管理整備が不十分なので、自宅での仕事が効率悪くなっている人も多いです。

さらに、特定の作業が進められなかったりする仕事もあります。

その一方で、テレワークが実現可能なのにどうしても受け入れたくない人も少なくないです。

やはり、過去の仕事の慣習的が影響しているのでしょう。

今までの仕事のやり方や成功体験に固執する意識や習慣が強い、中堅以上の管理職を含む社員にこのような傾向が強いです。

 ワクチンが普及すれば通常のように出勤に戻すところは戻すでしょうし、コロナ関係なくテレワークが効率いいならそのまま継続すれば良いでしょう。

最終的に職種や会社によって違いがあるのは当然でしょう。

また、迅速に対応したくても資金がない会社はスグに抜本改革が難しいでしょう。

社員1人1人が自宅でも使えるPCの普及、全員が一斉に繋げてもダウンしない会社側のサーバー管理、セキュリティ強化など、専門知識が必要になる上に必要経費もそれなりにかかります。

テレワークについてはメリット、デメリットがあります。

メリットは感染リスク回避と、会社への移動時間を個人に還元できる。

デメリットは成果よりもコミュニケーション不足になることです。

仕事は一人でこなせる範囲は限られるし、互いに役割分担、疎通をしながら遂行することが多く、相手の反応を見ながら疎通も深めていくケースも多いです。

メールで十分という意見もありながら、無機質な意思伝達は対面での会話以下の内容になりやすいです。

テレワークと出社の両立を実施しながら、会社に来訪しない、対面コミュニケーションを取らないことは避けるようとしている会社の主張も理解できます。
nice!(0)  コメント(0) 

銭湯女湯に小学高学年の男児に嫌悪感!女性の体験談に非難殺到 [社会問題]

公衆浴場では、広々したお風呂で、疲れを癒やせる至福の時を味わえます。

ところが、不快な気持ちになってしまうことも度々あります。

あるときに、銭湯にいったときに、小学校4年または5年生くらいの男の子が女湯に入っていてビックリしました。

この投稿に対して、様々な事情があるとしても子どもとはいえ絶対に嫌との意見が少なくないです。

母子家庭などいろいろな家庭状況があることに理解を示しつつも、女の子の子どもをもつ親としては嫌悪感を抱いてしまうのが本音でしょう。


■ネット上では非難殺到

この体験談に、ネットユーザーからは「非常識な親」「入れちゃダメでしょ」など、男子の親を批判するコメントが相次いでいます。

小学生4~5年生ほどの少年を女湯に入れるとは非常識極まりない!と判断する大人は多いです。

正直気持ち悪いというのが本音です。

母親がいっしょに連れて入ったのかもしれないが、もう独りで入浴できる年齢はとっくに過ぎているし、ふつうに男湯に入ればいいだけの話です。

自宅であれば混浴していてもご家族で嫌悪感がないのなら好き勝手に何しても構わないです。

しかし、戦闘では大衆マナーを守るべきでしょう。

「小学生だから」「子供だから」というのが必ずしも通用しないこともあるというのを、本人自身が認識しないまま大人になってしまう危険がはびこります。

しかも、同学年の女の子が訪れている可能性がないとも言えません。

女の子ですと胸が膨らみ、生理の始まる時期でもあります。

背の高い女の子は小2で胸が膨らんでくるし、小4で生理が始まることもあります。

それでいて同じくらいの男の子が入ってきたら嫌に決まっています。

男の子は気にしないかもしれないけど、この状況で同級生の男子が女風呂にいたら、嫌がるのは当然です。

その年齢の女の子は男の子に裸を見られるのは嫌がります。

女性用の風呂なのだから、女性が安心して入れるよう配慮するべきです。

性欲がどうとかは別にしても、単純に気持ちが悪いです。

男の子の親が何とも思わないのも非常識ですけどやめて欲しいです。

ちなみに、スーパー銭湯で小学校低学年くらいの男児がいたとき、ものすごいニヤニヤしながら若い女性を見て股間をモゾモゾしていたのを目撃したことあります。

あの男の子は完全にそういう目で見てたと思います。

子供同士のことを考えるとやっぱり未就学児までかなとは思います。
nice!(0)  コメント(0) 

スシロー過去最高売上・くら寿司の赤字の理由と真相 [食品・お店]

回転寿司チェーンの「スシロー」を展開するスシローグローバルホールディングスは決算説明会を行い、2020年9月期の売上高が2049億5700万円(前年度比2.9%)となり、過去最高を記録したと発表した。

一方、「くら寿司」を展開するくら寿司株式会社が決算発表を行った。

2020年10月期の売上高は1358億3500万円(前年比0.2%減)と横ばいだったが、最終損益は2億6200万円の赤字、上場してから初の最終赤字に転落した。

両者の違いはなにが原因なのでしょうか?

 以前はくら寿司ファンが、いまはスシローに乗り換えたユーザーがいます。

理由はお寿司の味とお寿司の魚の種類。

このユーザーによると、くら寿司はお寿司屋さんなのに、お魚の種類が本当に少ない。

色々変わり種も食べますけど、お魚が食べたい!という立場です。

寿司屋なのに寿司の種類が少ないとなると、くら寿司がスシローに対抗するのは難しいのもわかります。

くら寿司は天ぷらや麺類、どんぶり物に力を入れてるという印象で、握りは種類がかなり少ないです。

サイドメニューに気合を入れるのはバラエティ性で勝負していて楽しいが、寿司を評価するお客が多いです。

寿司ネタはスシローが圧倒的に良いという意見も多いです。

スシローの実際のお寿司は写真や広告と大差ないのに、くら寿司などはかなり違うという指摘もあります。

個人の好みはあるだろうが

100円の回転寿司に寿司の味や品種を求める人が多いのはそれほど驚くことではないです。

気軽に来店できる回転寿司で高級寿司の味を要求していないわけですし、

同じ金額ならば美味しいチェーン店を選びたくのは自然です。

なお、スシローは感染対策はほぼしていないように見えるのは気になります。

スシローは緊急事態宣言時でも客席を間引きしない状態だった。

くら寿司は感染対策を徹底していて、海外で損を出しただけであり国内は好調。

コロナ禍では、くら寿司の方が安心感があるという声もあります。

いずれにしても、お値打ち感重視でファミリー向けな回転寿司では、そこまでお店重視で選んでる人ばかりではないと思います。

お寿司のネタ品質が悪いとかサービスが一定水準以下でない限り、お店側も試行錯誤して改善していくでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

空飛ぶクルマ実現に賛否!ヘリコプターや法律など問題多発 [雑学]

 A.L.I. Technologiesから発表される空飛ぶクルマは水上バイクのような計上しています。

この空飛ぶクルマにまたがり、前かがみになって、空を飛び去るイメージです。

「ホバーバイク」という呼び方となり。プロペラの浮力で宙に浮上し、姿勢を制御しながら高さを高度に調整していく。

ガソリンエンジンから技術革新をめざして電動化のテクノロジーをすすめるものと思われます。

A.L.I. Technologiesは2019年の東京モーターショーにも既に出展しています。

夢物語の机上の空論ではなくて、近い将来に実現化に向かうと考えられます。

販売先となるのは、最初は富裕層向けの商品になりそうです。

1人乗りのホバーバイクを数量限定で受注生産する。

2024年以降に一般販売機の発売を開始するというロードマップを描いている。

年内には報道関係者向けてプレスリリースを実施する見込みです。

 空飛ぶクルマの運航ルールといった法整備も必要です。

航空法施行規則第174条 法第81条の規定による航空機の最低安全高度を定めています。

高層ビルは200m程度が多いです。

航空機は300mを加えた500mくらいが最低安全高度になっています。

この高度よい下に降りてこないように規定すれば、500mより下をリスクを背負って飛ばそうとしています。

全くリスクがないとは断言できるわけではないが、空飛ぶクルマのみをビジネス展開しているわけではない。

ドローンを起業時から展開していた経緯があります。

ドローンとAI事業と次世代インフラ事業もビジネス内容にしています。

ドローンとAI事業では独自開発したドローンをバージョンアップし続けたり、AIソリューションの開発、操縦士や管制システムの提供など、いろいろな関連事業を行っています。

そこで、ドローンを円滑に飛ばすために様々なサービスを展開するために、空飛ぶクルマの開発にも活用されてきました。

 完全自動運転が前提なら、歩行者がいないこと、自由度の高い空は風雨が危ないです。
 
効率を上げるなら軽くした方がいいですが、突風をうけると操縦不能になるのを制御できるとは思えません。

また、短距離では、ホバリングにエネルギーが使われるてしまい非効率です。

長距離移動では効率が上がるのが空飛ぶ移動手段の特徴です。


nice!(0)  コメント(0) 

日本の格差社会が拡大?所得格差、男女格差など改善しない理由 [社会問題]

日本の大企業の中には、会社を成功へ導き福利厚生を充実させ労働者を食べさせてゆく責務を負うポストにある人間が保身や私利私欲に走り過ぎている。

そもそも役員たちが能力不足しているケースが少なくないです。

男女平等が成ったとしても低迷する景気や、未だに多いブラック企業の社会では抜本的な改革は望めないです。

制度だけ変えても人の意識が変わらないから何も変わらない。

制度を決める政治家・官僚・経団連や会社の役員連中が古い体質のままです。

古い風習の中で育った世代が簡単に変わるわけができないでしょう。

家事育児を男性に「お願いする」という意識がそもそも間違っている。

女性に才能があるからとか、キャリア志向で働けるのは悪くないが、職種や性別・世代に関係なく家事育児に勤しむのが世界の常識です。

これに対して、日本はそういう世界の常識が日本では非常識なわけだから、格差社会遅れるのは当然の結果。

ジェンダー・ギャップ指数で、日本が最悪な結果になるのは当たり前です。

古い風習にしがみついている政治家・官僚たちは自分たちの保身に興味あるだけで、税金を使う事ばかり考えてないで氷河期世代や若者の助けになってほしいです。

 一方で、働きたい女子がキャリアを生かせる環境にすべきは大賛成だが、そこまでして働きたくない女子がいるのも事実だし、煩わしいのでフリータでいいと思っている若者(男女)がいるのも事実。

企業は女性だからって特に評価を下げてるわけではないです。

しかし、出産育児などで現場を離れて昇進が遅れたり、昇進を望まない人も多くいるのは確かです。

20代後半から30代の女性はある程度までは昇進したいけど、それ以上は望まない人もいます。

「子育ては母親に任せておけば良い」という世代の男性議員が大半を占めているために、母親が職場復帰するための就業支援や、男性の育児・家事への参加を推し進める法律と政策が足りていない、という見方もできます。
nice!(0)  コメント(0) 

京急油壺マリンパークが閉館!鉄道会社の水族館経営が困難 [雑学]

 京急電鉄は2021年5月12日(水)、水族館「京急油壺マリンパーク」(神奈川県三浦市)を9月30日(木)で閉館すると発表しました。

 同施設は1968(昭和43)年、京急の創立70周年記念事業として開業しました。

当時では“東洋でナンバーワン”といわれた大回遊水槽が大好評でした。

しかし、建物や設備の老朽化が進んでしまって、維持していく資金面などのやりくりが難しいと判断し、閉館する決断に至った。

施設はそれなりに古いが、そこのところは昔ながらの水族館という風情があってよかった。

イルカとアシカショーは演技や内容が練られてて、クオリティ高くて面白かったのに。
閉館までにまた遊びに行きます。

 飼育中の動物類については、他館と移譲への協議を進める一方、閉館後も飼育・管理体制を維持し、全ての移譲が完了するまで対応するそうです。

京急は「開業から53年間、地域の皆さまをはじめ、たくさんのお客さまにご愛顧いただきましたことに、厚く御礼申し上げます」としています。

 こうした鉄道会社によるレジャー施設は、昔は多く存在しました。

しかし、その多くが経営困難や様々な理由から消滅し、跡地の再開発が進展しています。

子供のころの遊園地やテーマパークはほとんど消滅してしまった。

鉄道会社の運営するものも次々になくなり、少子化の影響も否めないです。

子供が少なくなってしまえば、家族連れも学校遠足など足を運ぶ機会が少なくなるのは当然です。

南海電鉄が2020年3月に「みさき公園」(大阪府岬町)から撤退、2021年3月には近鉄グループの水族館「志摩マリンランド」(三重県志摩市)が閉館した。

nice!(0)  コメント(0) 

NHKに受信料値下げ要求!武田総務相の記者会見が話題 [社会問題]

 武田良太総務相は記者会見で、NHKの前田晃伸会長が受信料の早期引き下げに消極的な見解を示したことに対し、「コロナ禍で早期にやらずにいつやるのか」と批判した。

NHKの受信料収入は約7000億円です。

売り上げ規模は、民放キー局トップの2倍は超えます。

半額以下にしても民放レベルの経営は出来るのです。

さらに、娯楽系の番組は縮小し教育やニュースなど公共放送として必要なものに重点を置けば、さらに安くても問題ないはずです。

NHKの運営方針はNHKがやって、倒産しようがどうなろうがNHKで働いている人の問題で、国民全体の問題ではない。

NHKと比較しても意味もないくらい重要な電気・ガス・水道・電話でさえ、利用しなければ料金は発生しないです。

それが無くても困らないNHKが利用しなくても料金を取られるのは納得できないです。

それをあたかも我々がなんらかの損失を被るような口ぶりで、騙そうとするのは迷惑なので止めてほしいです。

いつまでも意味の分からない既得権で利益が得られると思っているNHKの人達には呆れかえります。

 コロナ騒ぎで国内の経済活動が麻痺し、一般家庭の多くがそのあおりをくらい、来年からの生活がどのようになるか不安でいるというのに、自分たちだけは高額な所得を未来永劫確保しようなどとよくぞ思うもんだな。

カビの生えた法律に胡坐をかき、金集めは下請けに丸投げしていながら、なにがみなさまのだと言いたい。

今の時代どうしても残りたいのなら解体、分割民営化が相応程度でしょう。

コロナ騒ぎで国内の経済活動が停滞し、一般家庭の多くがそのあおりをくらい、来年からの生活がどのようになるか不安でいる。

そんなときに、自分たちだけは高額な所得を確保しようというのは納得できないでしょう。

 Eテレビ売却とかNHK民営化とか受信料値下げとかどうでもいい。

国民が望んでるのは見たい人はお金を払って見る、見たく無い人は1円でも払いたくないです。

電気、ガス、水道、携帯は使うから払うは国民は納得しています。

スクランブルにしたら、NHKを見る側、見ない側双方が納得です。

払ってる払って無いの不公平も解消します
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -