スポンサードリンク

モッピー!お金がたまるポイントサイト
前の10件 | -

宝くじ高額当選がバレると欲にまみれた人たちが群がってくる [雑学]

もし宝くじに当選したらどうなるのかについても説明します。

確かに高額当選している人がいることも事実です。

また、お金がない人が突然に大金を手にすると、どうなってしまうのでしょうか?

 宝くじが当たったら、当たりくじを持って銀行の窓口に行きます。

銀行で本人確認したあと、1千万円以上の高額当選者だけに渡される「その日から読む本」が渡されます。

この本の内容は、大金を持ったことがない人に向けて、お金の保管方法、冷静になること、使い道や計画性をもつことなどが記載されています。

銀行が当選金をすぐには用意できない場合、数日~1週間後に振り込まれることになります。

当せん金の使い道については、自分の実力以外で入ってきたあぶく銭です。

あぶく銭として使ってしまうほうがまともだという意見さえ出ています。

スピリチュアルな話になりますが、

このあぶく銭を自分の実力だと勘違いると不幸になりやすい!という声もあります。

ため込んでしまうと、その人の周りで歯車が狂い始めることもあったりします。

突然金遣いが荒くなって当選がバレたり、他人に当選を喋ってしまうと様々な災いに巻き込まれやすいです。

欲にまみれた人間が群がってくるからです。

アメリカでは、「半分は自分の権利だ」と言って、家族に訴訟を起こされたり、当選金をめぐって殺人未遂に事件もあると報道されています。

金融リテラシーが低い人が大金を手に入れてしまうと、そのお金をめぐって災いが起きやすくなります。

会社に通うのが馬鹿らしくなって仕事を退職してしまえば、当選金を食いつぶしていくだけの人生が待っているかもしれません。

その一方、お金のリテラシーを持っている人であれば、想定外で大金を手にしても災いに巻き込まれる可能性は低いです。

自分も周りの人も幸せになるようなお金の使い方ができると思います。

重要なのは、お金の知識を身に付け、お金を受け入れる体制を備えておくということです。

そもそも自分で稼ぐ力がある人や、投資等の能力があれば、誰も宝くじなんか買わないでしょう。

稼ぐ実力が乏しい人は、ある程度のまとまったお金となると、宝くじやギャンブルしか手段がないと考えているのかもしれません。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

お店は食べログ依存が危険!アルゴリズムや評価に影響受けない経営が重要 [社会問題]

 「食べログ」で不当に評価を下げられたと主張した焼き肉チェーン店が食べログ運営会社の「カカクコム」に対して損害賠償を求めて訴訟をおこした。

食べログ側は、評価点を算出する計算式「アルゴリズム」を開示する事態に発展し話題になりました。

アルゴリズムは運営側として秘密事項です。それを開示するのは異例とも言えるでしょう。

「評価方法に疑問と不透明さがある」として」飲食店側の猛攻撃によって、食べログは開示を受諾した模様です。

 食べログはアルゴリズムが算出する点数について、ユーザーが付けた点数と、ユーザーの影響度などで決まるとウェブサイトで解説している。

 原告の主張も理解できますが、食べログに依存して集客や売上が大きく変動してしまうような経営状態にも課題あると感じます。

プラットフォームに集客を依頼するならば、このリスクは当然あると想定してビジネスするべきです。

原告側が勝利となると、同様な事例の飲食店が似たような裁判を起こしそうです。

SNSやGoogleによって影響度は以前より下がりましたが、グルメサイトの中では食べログの来店コストはアクセス数も来店率も高いでしょう。

一方で、食べログは店探しや選び方法として信頼性に欠けるという声もあります。

食べログが参考になるといわれていたころもありましたが、いつの間にかステマや様々な問題などによってその評点方針に疑問の声が増えてきました。

マーケティングを勉強している経営者で時代の先を見据えている経営者であれば、過度に食べログに依存するのを控えて企業努力するほうが賢明でしょう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

嫌いな人のSNSをチェックする理由 [雑学]

 大嫌いな人のSNSをわざわざ見にいって、腹を立てることがやめられない人は多いそうです。

チェックすれば不快になるとわかりきっているのに、どうしてわざわざ見てしまうのでしょうか。

嫌いという感情から解放されたいからではないでしょうか?

ネット民が、テレビ批判をしているのにテレビ番組を観ているのと似ています。

嫌いな人のSNSをわざわざ貴重な時間使ってチェックする人が一定数いるとは興味深いです。

嫌いだと存在感を消して何かよほど特別な理由がない限り見ないのが一般的だと思っていましたが、そうではない場合もあるようです。

アンチ巨人が、ジャイアンツ情報に詳しいのと同じなのでしょうか。

好きと嫌いは紙一重なのでしょうか。

嫌いな相手などに構ってる暇ないので、自動的に無関心枠に入れてしまえばよいのがわかっていても、それができない人もいるわけです。

嫌いな人のSNSを見てしまうのには色々と理由がありそうです。

嫌いな人のものも含めて、ついかなりの頻度でSNSをチェックしてしまっているのであれば、ネット依存症に片足突っ込んでしまっている可能性があります。

話がどんどん脇道に逸れますが、ギャンブル依存症のセミナーか何かで聞いた話を参考にすると、ネット依存に関しては、

「大切な人が,もし今の自分と同じレベルでネットをチェックしていたとしたら不快感を持つか」

「子どもが、今の自分がしているようなネットの使い方をしていたら止めるか」

などの質問に対して「イエス」と思うのであれば要注意するべきでしょう。

好きと嫌いは表裏一体。本当に関わりたくない人とは距離をとるはず。

嫌いな人の近況を見るというのは、実はその人から好かれたいという気持ちの裏返しなのかもしれません。

 嫌いな人の情報は全て抹消したい人は、それが一番いいかもしれません。

そんな人のことはほっといて、楽しめることを探した方が良いでしょう。

イヤな気分になるのを分かってわざわざ見に行くなんて、その時点で敗北感を抱いてしまいそうです。
自分と比較して羨ましく思ったり、心が曇ったりした瞬間にそっと閉じるべきです。

SNSは生活の中に入り込んでいるので、使わないと言うよりも賢い使い方を身につけていったほうが健康的です。

そして時々スマホやパソコンを触らないデジタルデトックスする時間を少しでも設けるべきかなと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ネットコミュニティ

解雇規制が強すぎる理由!日本の労働力活性化の問題と課題 [ニュース]

日本経済の活性化にための解決策として、賃上げが認識されるようになってきた。

企業に資金滞留している以上、(1)設備投資(2)配当(3)賃上げで、資金を吐き出させて有効活用する必要がある。

配当は株式保有の少ない日本の家計には恩恵がない。

設備については、慢性的に過剰気味。

結局、解決策は企業から家計に資金を移すこと、つまり大幅な賃上げしかない。

日本の家計は給与が増えれば比例して消費を増やす行動をとってきたし、伝統的な中央集権的労使交渉メカニズムである春闘は、経済全体の賃金決定に大きな影響力を持つ。

コロナ禍までの良好な雇用情勢の下では、大企業から中小企業に賃上げは波及してゆき、人手不足から労働市場がよりタイトになれば、法や規制では影響の及びにくい格差や労働問題もよい方向に動くことが期待された。

賃上げで消費増大すれば、地方のサービス業など非製造業にも直接的に恩恵が及ぶ。

好況になれば、財政支出増大の必要性が減り、政府の赤字までが減少する効果を持つと期待されたのである。

少子高齢化などさまざまな現任はあるとはいえ終身雇用と解雇規制が大きな要因であると思います。

その結果、労働市場が機能しなくなり、人の資源・労働力が効率的に活かされなくなってしまった。

どの企業でも、そこそこの人数になると、明らかに仕事が向いてない、仕事をしていない人、生産性が低い人がいます。

企業は生産性が低い人まで抱え込むことになるので、本当は生産性が高い人には高い賃金を払えるのに、平均的には低い賃金しか負担できなくなります。

解雇規制を緩めると失業が増えますし、労働市場が動くと賃金格差が大きくなる。

つまり、セーフティネットの問題も大きくなる。

安易に緩和すべきとは言いませんが、日本はあまりに解雇規制が厳しすぎる。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

ユニクロ大幅値上げで客離れ!ヒートテックやフリースが1000円価格上昇など衝撃 [経済・投資]

ユニクロは今となっては激安というよりそこそこの価格で良いものを提供している印象が強いです。

しかしながら、テレビコマーシャルや店舗立地など、販促費を使いすぎ感が強いです。

CMも別に有名人じゃなくても機能性をアピールしてくれればいいと思います。

ヒートテックの一部も対象で「超極暖」は1990円から2990円に上がる。

1000円という強気の値幅上げには驚きます。

フリースは今ではどこでも売っているので、ユニクロでなければならない理由がない限りはユニクロでは買わなくなる人も増えるでしょう。

新しいフリース買わなくても、今のものが使えますし、セール時と通常の価格差も大きいですし、買い控えも起こるかもしれません。

UNIQLO製品がほしくて買ってるわけでなく、家着・パジャマなどの変わりとして何でも良いという人は、ユニクロ離れが目立ってくるかもしれません。

主力商品であろうとなかろうと1000円値上げして売れたらいいし、売れなくてもさほど困らない。

値上げしたら、特別いい生地や縫製で付加価値を感じない限り、違うお店を吟味しだす意欲が増すかもしれません。

デザイン性や品質を気に入ってユニクロを積極的に購入する人がそれほど多いとは感じません。

ワンシーズン着てヨレヨレになるなら廃棄してしまう途用で、今までは安価だから買う人が多いと思います。

ヒートテックと部屋着くらいしか買わない知人によると、ヒートテックの超極暖と、部屋着として着ていたフリースが1000円も値段上昇するのは相当な打撃だと言っていました。

値上げによって、出費が増えてしまうならば、他店の商品も選択肢に入れるようになるのは当然です。

その結果、ユニクロ製品は買われなくなる、つまり、売上減少につながってくるでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

鈴木宗男氏ブログに意見殺到!物価高の原因はウクライナが停戦しないから!等 [政治]

ロシア通で知られる日本維新の会の鈴木宗男氏による2022年6月16日に自身の公式ブログで自論を展開した内容が話題になりました。

鈴木氏のブログで「ゼレンスキー大統領は『武器を供与してくれ、少ない』と訴えている。

欧米諸国は協力する姿勢を示しているが、それでは戦争が長引き、犠牲者が増えるだけではないか」と述べた。

ロシアを非難している国や国民は資源高や物価高でも今はそれを受け入れて我慢しています。

それがウクライナと一緒にロシアと戦ってることになる。

ロシアを擁護してしまえば、世界各地で戦争が勃発してしまいます。

ロシアのような横暴な国の他にも、国土を広げたい国は存在するでしょう。

物価高騰のどころか、環境破壊がひどくなり、脱炭素よりも温暖化が悪化するかもしれません。

化学兵器、核戦争まで起こされるようなれば最悪な結果になるでしょう。

戦争を起こした国がどうなるか見せつけのために世界各国が協力して徹底的にやらなきゃいけない。

鈴木議員としては、停戦交渉してウクライナ国民の命を守るには領土の妥協をすべきという考えです。

日本維新の会が鈴木議員と同様の見解であるならば、日本維新は大丈夫でしょうか?

ロシアは、ウクライナを侵略し、海上封鎖で食糧難や略奪した食料を横流した。

ウクライナ兵士が降伏すれば、ロシアの裁判所で死刑判決やシベリア抑留になるかもしれません。

略奪した市民は選別されて、親ロシア派出ない人たちは、シベリア送り。

こんなロシアに妥協すれば、同じようなことが長期化するでしょう。

鈴木氏は、ロシアとこれまで精力的につながりを続けていますが、領土問題については進展ないし足元を見られています。

鈴木氏のように、ロシアの行動を避難しないでウクライナに自重や停戦を要求するのは相当にズレていると感じます。

それよりも鈴木氏にはロシアへの影響力の無さ、ロシアの動向を洞察する力や判断力の退化を認めるほうが潔いというネット民の意見もあります。

ロシア問題で過去に政界を退きました。

しかし、いつまでもロシア贔屓の言動をやめていないのは、そこまで忖度するのは裏に何かあるのかもしれないと疑いたくもなります。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

紙袋有料化のメリットとデメリットは? [社会問題]

お店が客に対して紙袋を無料で提供し続けた場合、経営ではどのような影響があるのか話題になっています。

紙袋を無料提供するのは、購入したお客に対して、購入金額の合計額から袋の仕入れ単価に相当する金額を値引きすることになります。

その分、お店の利益が減ります。

有料化が義務付けられたレジ袋の仕入れ単価は通常1円から3円。

紙袋の場合は10円以上かかるのを考えると利益額への影響はレジ袋より大きいです。

利益減るのは、店舗の投資余力が減ることにつながります。

客が得る利便性や満足度が減少し、店舗と客の双方が損をすることにもつながりかねません。

 紙袋の有料化で次のようなメリット、デメリットが生じる可能性があります」

メリットとして、考えるのは以下になります。

第一に、紙袋無料提供によりコスト削減と利益の減少を解消します。

第二に、お客に環境問題に積極的に取り組んでいるという企業イメージを向上する。

第三に、客に対してマイバッグ持参を促すことで、マイバックや関連商品に関する販売機会を生み出すことができる

一方で、デメリットもあります。

競合店が紙袋を無料で提供していた場合、既存客が競合店に流出してしまう可能性があります。

レジの精算時に店員がお客に対して、紙袋を提供する必要があるかどうかを確認する手間が生じます。

コロナ禍で、買い物袋が有料だった国は無料に切り替えたのに、日本はコロナ禍でも有料に切り替えた。

このご時世、生活が苦しくなってる人も多いのを考慮すると愚策という声も寄せられています。

店側は便乗値上げするとなると、どんどん消費は冷え込むでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2022年節電ヤバい!政府は原発等のエネルギー対策に本気? [社会問題]

政府は、2022年の夏にむけて、家庭や企業に対して節電要請を決定しました。

2015年以来7年ぶりで、節電要請の期間は7月1日~9月30日。

日本の将来を考えるなら、節電を求めるだけではなく原発稼働まで視野に入れてエネルギーの確保に務めるべきだと考えられます。

しかし、原発再開に対する世論反発を考慮した結果、目先の参院選を優先して原子力発電所の再稼働を避けたように見受けられます。

日本は石油や天然ガスなどのエネルギーを海外にとても依存しています。

もし何らかの理由で止まったら日本は機能停止しかねません。

少しでもエネルギーの自給率高めることを考えるべきです。

核燃料は輸入するしか手がないとはいえ、少量で大量に発電できるうえに再処理しながら長く使える。

原油と同様に捉えるのは誤っています。

すべての問題が解決するわけではないからといって、原発を効率よく使って問題回避するのは悪くないと思います。

ドイツはロシアから天然ガスをパイプラインで引いていて、今も継続しているからロシアに強い態度を取れない。

日本は、エネルギー政策で原子力や地熱、潮力などを積極的に取り組む段階でしょう。

そもそも日本の夏は暑すぎるので、熱中症で倒れる人が多発。

救急搬送が多い現実なのに、政府は、節電を呼びかけている。

政府は具体的な「代替案」を示してから国民にお願いするべきです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

キレる中高年が急増の原因と傾向!前頭葉の衰えと他 [健康]

「キレる」人間の代表格といえば、昔は激昂する若者を指すことが多かった。

だが今の時代はそれが中高年、特に高齢者が増えている傾向です。

お行儀悪い煽り運転、一時不停止、また歩きタバコ、店員にタメ口など、見苦しい言動は、高齢者に限らずどの年代でもいるのは悲しいです。

公共の場所でトラブルなどが起きたとき、一見すると穏やかそうな年配の人がいきなり激高することもある。

「キレる中高年」というべきだろうか。

キレる中高年のだいたいは、「私は間違っていない」と思っている。

自分の中の正義なのか、周りから相手にされなくなってさみしいのか、自分より弱そうな人、女性を狙うのは人としての器の小ささを感じます。

自分が正しいと思っているので基本的に他人どころか家族とすらいつも喧嘩になる。

相手の言い分を聞こうとか、建設的に議論しようとか、そういう発想が無い。

また、キレるまでいかなくても「私は正しい」「私は間違わない」って残念なことを言い張る人はいます。

自分の経験が全てなんでしょう。

そういう人は自分では気付かないんでしょう。

指摘してくれる人もいなかったりある意味でそうとしか考えられない環境にいるんだと思います。

そうなると歳を重ねていれば直らないでしょう。

高齢がキレやすいなと実感するのは、車の煽り運転や 不当なクラクションなどです。

「年輩は人生の先輩だから敬うべき」と言う方もいますが、 年輩である前に一人の人間である以上 敬うも軽蔑するもその人の人間性一つで、年齢は関係ありません。

年上だからという理由だけでマウントをとらず、年下にも敬意を払える人間こそ、尊敬に価するのではなかろうか。

自分に都合のよい噂ばかりを鵜呑みにして、真偽を確かめもせず凝り固まった考えをしていれば、誰だって尊敬どころか必要ともされないでしょう。

敬うべきは徳を積んできた年配の方で、無駄に人生を過ごしてきて他人に迷惑をかける老害は敬われるどころか、見下されたり卑下されてしまいます。

中高年の方と接することは多いですが、キレやすい人は、ただ単に短気というわけではなくて理不尽な怒り方をします。

 さらに、人間らしい理性につながるのが前頭葉です。

他の領域に比べると老化で衰えやすいことが分かっています。

そのため、若い頃は「これ以上怒ってはいけない」と我慢できることでも、40代頃から年を重ねるとともに制御できなくなりやすい。

早ければ40代の初め頃から、衰え始めると言われています。

前頭葉は理性だけではなく意欲や創造性もつかさどるので、衰えるとここら辺の機能も落ちてきます。

前頭葉が衰えていると理性が働きにくいため、たとえ謝罪しても怒りが激しくなることもあります。
店員などにずっと怒っている状態です。

こうなってしまうと手が付けられないので、脳萎縮のため怒りが抑えられない人がいることを認識しておくしかないようです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

日本の観光業は正念場!外国人観光客に適正価格が必要な理由 [観光地]

ガイドラインによると、日本の旅行会社が外国人観光客にツアーを販売するとき、参加者に対してマスクの着用をはじめ感染防止対策を徹底しています。

また、国内で入院や治療を受ける事態になる場合に備えて、民間の医療保険に加入してもらうことも説明します。

もちろん、同意を得ることが盛り込まれています。

これらの手順に従わない場合、ツアー参加が認められない可能性があるとしていますが、問題もあります。

あくまでもツアー参加を拒否されるかもしれないという曖昧な状態です。

旅行会社側としてもトラブルになるのを避けるために、最終的に拒否されることはないでしょう。

外国人観光客は、日本人のように推奨でも守ることはないし、守らなくても罰則はない。

あくまでもお願いという程度です。

また、濃厚接触者の判定、隔離ホテル、病院など、すべて旅行会社が判断して手配します。

観光庁が民間企業に丸投げするだけならば、国にはもっと積極的に対処して欲しいです。

 猛烈な円安が進んでいる現状を踏まえて、適正価格で外国人観光客を呼び込んでほしいです。

訪日客にとっては、コロナ禍前の水準より確実に割安でお得な状況です。

コロナが落ち着いてきている今、日本のツアーを開始するには、安さをアピールしすぎて旅行業界が自分で自分の首を締めることにならないように気をつけてほしいです。

以前のオーバーツーリズムは酷かったし、日本人がホテルを予約するのも大変でした。

京都あたりでは市民がバスに乗れないなど行政サービスに支障がでるほどだったそうです。

海外から多くの人が日本に来てほしいし、楽しんでもらい好感を持ってもらいたいです。

しかし、それによって日本国民が外国人にマイナスな感情を抱いてもらいたくないです。

そのために、適正価格を意識してほしいです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -