So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ
前の10件 | -

小池百合子都知事が不満爆発!ICO側がマラソン競歩の札幌変更 [ニュース]

 東京都の小池百合子知事は、2020年東京オリンピック(五輪)のマラソン・競歩の開催地変更(東京から札幌)に関して、不快感を表明していました。

都庁で国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会のジョン・コーツ委員長らと会談した際に、公式に明らかにしたので本気で反対意見を述べたことになります。

会談に先立ち、小池氏は、IOCが東京から札幌に開催地を変更すると発表したのを受けて、落胆したと述べたのは当然だと思います。

「都民も大変驚いた。突然の変更を聞かされ、唐突感が否めない」「都知事として、東京でマラソン、競歩を行っていく気持ちに変わりはない」と述べ、あらためて東京開催を要求しました。

しかしコーツ氏は、カタール・ドーハで行われた世界陸上で、女子マラソンのリタイア続出したケースを踏まえて、IOCは東京でレース開催を恐れたのでしょう。

 小池さんとしては「今更何言っているんですか?」というのが本音でしょう。

ドーハと東京を同じようにイメージしている時点で、おかしな話だと思います。

そもそも東京に誘致が決まった時点で、IOC側は東京の8月が暑いというのは解りきっていたはずです。

これは小池さんの問題と言うより誘致を決定した側の問題です。

 IOCの対応はあまりに「場当たり的」に過ぎます。

東京都はきちんと暑さ対策をやっているし、シミュレーションも訓練もしています。

しかもそれをIOCにきちんと報告しているはずです。

誘致する前も何度も見学に来て時間をかけて検討した上で決めたはずです。

決定後も何度も視察に来てたのに一体何しに来日したのか?と聞きたいです。

日本の夏が猛暑なのは昨日今日始まった訳ではない。

誘致を始める前には、日本は既に毎年猛暑状態だった。

全てを考慮して東京と決まったわけです。

それにもかかわらず、ドーハの結果だけで慌ててIOCの独自判断で札幌に変える事を突然に言ってきた。

それをその場で受け入れた森会長は何を考えているのでしょうか?という意見もあります。

しかも、当事者であるはずの東京都側には事後承諾で一番最後に通達したのは明らかに裏工作だとしか思えません。

変更による無駄な予算を誰が出すのかも全く熟慮せず、東京開催を滅茶苦茶にしておいて、最終的に全ての尻拭いを東京都に丸投げするような筋書きになってしまいます。

 東京でのマラソンを観戦するるために宿泊施設を予約したした人だっているはずです。

今更になって札幌に変わったといわれても、交通費だって馬鹿になりません。

東京だからチケットを購入した人もいるでしょうし、札幌になることで見に行けなくなる人だって出ると思います。

今まで、準備をしてきていた関係者や選手はもちろんの事、観戦しようとしていた人たちのケアも含めて、このドタバタはIOCとしてどのように責任をとるつもりなのでしょうか。

明確な回答をするべきと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

消防ヘリ救助中の女性落下!安全フック装着忘れで搬送 [ニュース]

東京消防庁は、台風19号の被災地である福島県いわき市で緊急消防援助隊として活動中だった消防ヘリ「はくちょう」が、孤立状態で救助を待っていた女性をつり上げて救助する際、誤って高度約40メートルから落下させる事故があったと発表した。

 女性は落下後、再び救助されたが、心肺停止状態で搬送先の病院で死亡が確認された。

東京消防庁は記者会見し、「申し訳ありませんでした。活動中の手順を誤ったことが原因」と謝罪した。

同庁によると、隊員は女性側の救助装置のフックをロープに付け忘れたままつり上げていたという。

 高度からヘリでの救助活動はとても難しく安全だとはいえない。

救助する方だって二次災害の危険があるし命懸けですし、作業に絶対はないです。

詳細な原因が不明なままでは何ともいえないですけど、勝手に文句を言うわけにはいかない。

たとへ隊員がミスしたとしても当事者の隊員を一方的に責めるわけにはいかない。

遺族はともかく外野が軽々しく責めれないです。

救助隊も頑張ってるとはいえ、なんともやりきれない事故ですし痛ましい限りです。

流石にヘリで救助中の女性を落下させて、「誤って落下させる」だけでは済まないでしょう。

とはいえ、必死に助けてあげようとした上での不幸な事故です。

隊員がわざと落としてるわけでは無いのは分かります。

隊員の方が自分を責め続ける結果になって精神をわずらわないでほしいです。

また、万が一、自分の家族や知り合いが同じ事故に遭ったら、救助に当たった隊員を責めるよりも、もっと強く自主避難するように言わなかった自分を責める人もいるでしょう。

いずれにしても、今後このような状況になった時に同じことを繰り返さないためにも原因追求を徹底して十分に検証することが大事だと思います。

市民も救助がくれば安心だと即断しないでこのような事故が起こる可能性があるのを考えておくべきでしょう。

救助が必要ないように早めに避難するのが最優先にとるべき決断と行動です。

こういう可能性があるから、洪水で脱出できなくなる前に避難できるようにしていくべきです。

洪水ハザードマップは、かなり実際の状態と合うことが多いと聞いています。

自治体は積極的に公開して、住民自らが進んで避難できる体制にするべきです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

小池都知事が不服!IOCマラソン札幌変更の裏事情 [ニュース]

 国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副会長が25日、東京都の小池百合子知事と都内で会談。

会談に先立ち、小池知事は札幌移転への反対を表明していた。

しかし、IOC側は札幌開催は決定事項と説明し、改めてNOを突きつけた形となった。

 オリンピック開催まで1年程になってマラソンと競歩を札幌に突然に変更すると言い出すなんて身勝手すぎます。

IOCが今更変更するのは無茶苦茶でしょう。

暑さに関してはドーハで世界陸上をやる前から分かっていたはずです。

IOCが知らなかったわけではないでしょう。

しかも東京都は様々な暑さ対策してきました。

それを今更になって札幌に変えると言われても、東京都が「冗談じゃない!」と真鍮穏やかではないのは当然でしょう。

選手ファーストなら開催時期を変更すればいいだけです。

夏季オリンピックを7月8月に開催するのであれば、日本を含めアジア諸国の開催は気候的に厳しいと思います。

今回の件で、IOCの商業主義にただ利用されてるだけって事がはっきりしました。

経費も当初計画より大幅に増えてるし、そこまでして「おもてなし」をしなきゃいけない理由などないです。

 「東京が招致に勝ったのは、説得力ある実行可能なプランを出したからです。選ばれた後のルールを変えないことこそ、日本、東京、IOCの利益にかなう」

2年前に小池知事が会場変更を提案した時にIOC会長から言われた言葉です。

ところが今回の件は真逆すぎて失笑してしまいます。

「東京が、オリンピックから降りる。開催しない」というような発言をしたら、IOCはどうするのでしょうか?

日本開催が決定事項なので今更中止はできないのも分かります。

 国内のマラソン大会でも、公式の大会は11月から4月くらいまでの冬場から春にかけてしか行われないし、日本陸連の主催・後援の大会では、それ以外の時期に行われるのは、8月の「北海道マラソン」しかありません。

結局、これが札幌開催につながって、この急遽の変更では、コース設定などを含め、札幌が一番無難…ということになったのかもしれません。

しかし、IOC側は説明不足ですし、他の道内や東北などの都市も含め、一定の議論するべきだったと思います。

今回の開催都市変更騒動で明らかになったのは、日本に夏季五輪を開催できる気候的条件とインフラ的条件を兼ね備えた都市はない、ということ。

開催条件が変わらなければ、もう二度と日本で夏季五輪の開催はないだろう。

 マラソンや競歩は夏の種目からはずして、冬の種目にするほうが良いです!という意見もあります。

ドーハの世界陸上で棄権が相次いだのもあるんだろうけど、暑さに弱い欧米人がアジアやアフリカの選手に負けるのが気に入らないってのが本当の理由なのかもしれない。

特に欧州人はフィギュアやスキーのジャンプで日本人が活躍するたびにルール改正して勝ちにくくするなど、明らかに欧米人ファーストすぎる。

いずれにしても、東京開催と思ってチケットを取った人達の色々な保証はどうなるんでしょうか?

東京ー札幌間は飛行機移動が必要で、移動費や宿泊先の変更などで行けない人や、行けてもかなり出費が多くなります。

「観戦者ファーストではないのがわかりました。」というネット上のコメントにも説得力を感じてしまうのは悲しいです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

児相職員を傷害事件?児童保護を拒否した父親の暴行に批判殺到 [ニュース]

児童虐待は減るどころか年々多様化しています。

近頃では児童相談所の職員の「児相職員」がわいせつ行為で逮捕される事件も発生していて問題になっています。

遂に、職務遂行しようとした児相の職員と警察の介入を邪魔する男がトラブルを起こしてネット上で話題になっています。

 児相職員への暴行容疑で逮捕された男性は、児童を一時保護するために訪問した児童相談所職員らに怒り狂って、怒鳴りちらして台所から包丁を取り出した。

制止しようと割って入った自分の妻に刃物で右腕に切り傷を負わせました。

警察は、児相職員の顔を殴りつけて傷害の疑いで、児童の父親の無職の男を現行犯逮捕した。

妻への傷害と児相職員への暴力行為法違反、それに公務執行妨害の疑いで送検となった。

男は容疑を否認しているが犯罪行為なのは明らかです。

茨城県警古河署によると、児童にけがはなく福祉施設へ保護されたそうで当然でしょう。

警察には今まで虐待や家庭内のトラブルに関する相談や通報は寄せられていなかったが、児相から申し出があり署員が同行したという。

警察は、子供と引き離されることとに怒り、犯行に及んだとみている。

引き離されることに怒りというか、虐待がバレるかもしれないからキレたんだろう。

包丁振り回したり暴行とか、自分を抑えられない人間です。

この手の親は親としての責任は果たさないけど、親だというプライドだけは一人前にあって、子供に異常に執着する傾向があります。

しかし、結局執着する理由は愛情ではなく、自分の優越感を満たすための道具として必要としているだけです。

こんな親は、いつかは子を殺害する恐れもあるから恐ろしいです。


■ネット上での反響

危険な目に遭いながらも、職務を遂行した職員に賞賛の声があがっている。

「格闘経験や護身術必要ですね。優しいだけじゃ守れないと思います。これは賞賛しかない。」

「職員さん立派です。児相絡みで悪いニュースも多いけど、頑張っている職員さんも多いのでしょう」

「児童相談所は民度低いところは複数か警察と行かないと危険だと思います。」

「ここまでしないと叩かれちゃうんでしょうね。子供はもちろん大切だけど、職員さんの命も大切ですよ…」

「被害者の児相を褒め称えるより、加害者の父親が二度と母子に近寄らないようにして欲しい。何故か加害者には甘々で、被害を受けることを賞賛されてるようだ。」

など様々な意見が相次いでいます。

忙しいとは思いますが、児相の職員さん方も護身術を身につける事を業務内容にしないと本当に危ないと思います。

児相職員さん方にも大切な家族があるでしょう。

自分より弱い者に暴力を振るうバカを許してはいけないです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

新卒年収1000万円の裏表!年功序列から成果型の現状とデメリット [ニュース]

優秀な人材を見つけるために、NECは10月から研究職を対象に、新卒年収が1000万円を超える可能性がある給与を支給すると発表した。

技術・研究系の職場に衝撃を与えている。

 大学時代の論文が高い評価を得た新卒者を対象にしていて、これまでの年功序列とは全く異なる破格の厚待遇となる。

年功序列が主流である日本企業の中では、異例の取り組みです。

年功序列型から、成果型に変わっていくのは自然な流れとも考えられます。

なぜなら、能力のある人材を生かす給与体系に変えていかないと、グローバル競争の中では勝てない状況になりつつあるからです。

どういう条件でどんな人材を得ようとするかは企業の自由ですし、1000万円でもそれ以上の見返りあると考える人材ならば当然のことでしょう。

もちろん、1000万円に値するのか、成功するかどうかはやってみないとわかりません。

期待の新人が破格の給料で採用されたけど、数年後にはあまり成果を上げれないで敗者に転落することもあります。

変な誤解を生む可能性を考慮すると、マスコミが話題性のネタを求めて拡大解釈と大きく報道するのは控えてほしいです。

新卒者の全員が1000万円の報酬を受け取るわけではありません。

大半の新卒社員は、驚くほどの初任給を貰っているわけではありません。

高い待遇で迎えるからには、それなりの実力が要求されるでしょうし、専門性を兼ね備えた人材にだけ与えられる特権です。

企業として、投資する価値がある人材に投資をしているだけです。

 給料を払う経営者側からすると零細企業であればあるほど年功序列の給料ほど費用対効果の得られない経費はないです。

若くても先見の明をもって意見交換したり失敗しながらも取り組む努力をしている社員に多くの年収を与えたくなるでしょう。

経営者といえども一人で出来ることは限界があるし、手助けを得たいのも分かります。

本来であれば年齢に関係なく、たとえ高齢であっても研究熱心で探求心をもち努力している人にはそれ相応の評価と賞与を与えてほしいのです。

しかし、現実はそう簡単な話ではないです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

離陸後に空港に幼児忘れたと主張!パイロットがUターン許可申請の動画が話題 [ニュース]

緊急時や非常事態が起こった時、飛行機は近場の空港に緊急着陸したり出発地に向かってUターンすることがあります。

飛行機の不良、テロ行為、乗客の迷惑行為や機内トラブルなど、さまざまな理由があるのですが、想定しにくい理由で出発地への空港へUターンしたニュースが報道されて話題になっています。

なんと、登場したお客の女性がご自分の子どもを空港に置き忘れたというのだから驚きます。

 3月9日、サウジアラビアのジェッダを本拠地とする国営航空会社「サウディア」が飛行中に衝撃な緊急事態が発生した。

サウジアラビアのキング・アブドゥルアズィーズ国際空港を離陸した飛行機がマレーシアのクアラルンプールへ向かう途中、乗り込んでいた女性客が、客室乗務員に「空港ターミナルに子どもを置き忘れた」と言い出したとのこと。

飛行機はすでに離陸していたのですが、訴えていた母親は戻るように要求してきたのだから、乗務員たちが唖然としたのと予想できます。

詳細を聞いたパイロットは、航空管制官に空港へ戻る許可を申し出ている模様を撮影してネット上にアップして公開していました。

SNSで拡散する理由は不明ですが、ネットユーザーの間でコメントが殺到して話題になったので仕方がないでしょう。

動画では、パイロットと管制官のやり取りが収録されていました。

やりとりの後、飛行機はキング・アブドゥルアズィーズ国際空港ゲートにUターンして戻り、母親と子供は再会できたというお騒がせな珍事で幕引きとなりました。

飛行機は、少しの遅れを生じさせただけで無事にクアラルンプールへと発ったようだ。

動画が拡散されると、パイロットが緊急事態と判断して管制官も容認して飛行機を空港へ引き返したことに称賛の声があがりました。

 そもそも、母親がどうして赤ちゃんをターミナルへ置き忘れた原因などが判明していません。

母親の責任問題だしわが子を忘れる事だなんて意味不明ですけど、さすがにUターンするのは仕方がないでしょう。

他の乗客の方々には大迷惑ですけど赤ちゃんが可哀想です。

映画「ホームアローン」みたいに、子供がたくさんいたのでしょうか…。

赤ちゃんをラウンジに忘れて国際線の飛行機に乗る…というあり得ないけど実際に怒りました。

この母親に損害賠償請求するべきとのコメントもありますが、安否確認できたことが幸いです。

長嶋茂雄さんは御子息の一茂さんを後楽園球場に忘れた!ということがあったそうです。

事情は分かりませんが、航空会社の対応は称賛に値するでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

新潟県震度6強と山形県で震度6弱の詳細と今後の注意報に警戒 [ニュース]

18日夜、山形県沖でマグニチュード6.7の地震があり、新潟県村上市で震度6強の揺れを、山形県鶴岡市で震度6弱の揺れを観測しました。

気象庁は、揺れの強かった地域では今後1週間程度は最大震度6強程度の地震が発生する可能性があるとして、十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、18日午後10時22分ごろ、山形県沖の深さ14キロを震源とするマグニチュード6.7の地震が発生し、新潟県村上市で震度6強を、山形県鶴岡市で震度6弱の激しい揺れを観測しました。

震度5弱の揺れを新潟県の長岡市と柏崎市、阿賀町、山形県の酒田市と三川町、大蔵村、それに秋田県由利本荘市で観測しました。

震度4から1の揺れを東海や北陸、関東甲信越、東北、北海道の広い範囲で観測。

気象庁は、山形県から石川県にかけての沿岸に一時、津波注意報を発表し、新潟県の新潟港で10センチの津波を観測したほか、山形県の酒田港、石川県の輪島港などでいずれも微弱な津波を観測しました。

気象庁は、揺れの強かった地域では今後1週間程度は最大震度6強程度の地震が発生する可能性があるとして、今後の地震活動による土砂災害や建物の倒壊などに十分注意するよう呼びかけています。

 過去には新潟地震(M7.5)が発生した震源域です。

しかし、マグニチュードで1ほど異なるので、エネルギーは数十分の1しかありません。

新潟地震はユーラシアプレートと北米プレートの境界で発生した大地震でしたが、今回はプレート境界ではなく、北米プレート内の局地的な断層により発生した地震であると考えられます。

断層は海底にあると推定されているようです。

今後も余震が発生する恐れがあり、一週間程度は同じ規模の地震に対して注意が必要です。

日本付近は地震研究本部で評価対象となっている以外にも多くの断層があります。

震度6程度ならば、いつどこで発生してもおかしくありません。

日頃の備えについて、今一度確認する機会とされることをお勧めします。

懐中電灯、携帯の充電(サブバッテリー)、お風呂に水を張る、やかんに飲み水用の水、靴を枕元、動きやすい服装(長袖・長ズボン)で就寝、現金などリュックに荷造り・・・・

とりあえず準備しときましょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

自衛官「あおり運転」逮捕!高速道路で追い越し車線での恐怖暴露 [ニュース]

自衛官の男が、高速道路であおり運転して、女性の運転する自動車を無理やり停車させるなどして逮捕されたことが判明しました。

東名高速道路の煽り運転事故が話題になっている最中でニュース報道された事件に対して、ネット上ではさまざまなコメントが相次いでいるそうです。


■追い越し車線譲らない自衛官

陸上自衛隊三軒屋駐屯地の陸士長の男性が、暴行、道路交通法違反の両容疑で逮捕されました。

報道によると、11月18日の夜、兵庫県内の山陽道下り線で、女性が運転する車の前に割り込み運転して、およそ1.4キロにわたって進路妨害したうえに高速道路上に20秒間、車を停止させた疑いが浮上しています。

警察の取り調べに対し、男は「追い越し車線を譲らなかったのでイライラした。車を停止させたのは記憶にない」というような内容を自供して、容疑の一部を否認しているときもあったそうです。

自衛官の行動に、ネット上では非難の声が相次ぐのは当然でしょう。

追い越し車線をのんびり走る人は確かにいますが、煽って脅したら早く走る訳ではないから、黙って追い抜くか追い越していくほうが賢いでしょう。

出来ない場合は車間を空けて走るほうが良いです。

 しかし、一方では「追い越し車線を譲らなかったので腹が立った」という

この容疑者の主張について、「たしかに腹が立つ場合もある」と一部共感を寄せる人もいるそうです。

女性や高齢者を差別するつもりがなくても、低速で右側を走り続ける「通せんぼ運転」よくみかけます。

低速が安全運転とは限らないことを知って欲しいです。

とはいえ、今回の自衛官の行為は犯罪です。

「時間なくて急いでいるときに、異常に遅い車が目の前に走っていると腹が立ちます。けど、大事故になるかもしれないから、煽ってはダメでしょう。」

「煽り運転は絶対ダメですけど、追い越し車線で流れに乗っていない異常に遅い車...見るとスマホ運転とか結構います。何とかして欲しい。」

「追い越し車線を、後続車に譲らない車両も罰則の一つなので、きちんと検挙してほしい」

「あおり運転は違反ですけど、追い越し車線をノロノロと走り続けるのも違反行為だと思う」

など、あおり運転は大人のやることではないと考える人が大多数です。

煽り運転は当然ダメだが、居座り運転も同じくらいダメだと認知するのが良いでしょう。

いずれにしても、あおり運転にあわないためにも、変なドライバーに絡まれないために、交通ルールを守るのはとても大切です。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

機内おなら騒動!オナラ臭い予防と対策と役立つアイテム [ニュース]

■機内のおなら対策!必須アイテムは何!?



おならが原因で飛行機は予定外の空港に着陸した!というニュースを聞いたことありますか?

2018年2月、飛行機が運航中に、想定外の空港に着陸した原因はおならでした。

乗客の男性がおならを連発していて、他の乗客が注意して後にパイロットまでもが注意勧告したのですが止めなかったのです。

さに、二名の男性乗客がおならを止めように割って入ってトラブルになった挙句に、ウィーンの空港に緊急着陸するはめになりました。

警察はその二人の男性と同じ列に座っていた女性客二人を連行しました。

しかし、ニュースによれば、おならをしていた男性がどうなったかは不明とのことでした。

飛行機の中ではいつもよりもガスが充満していたそうです。

飛行機に乗ると、おなかが張るのとガスがたまりやすいようです。

実は科学的に立証されているようで、上空では機内の気圧が低下して、腹部の中のガスは膨張してしまうことが立証されています。

つまり、おならをしたくなってしまうのは生理現象の一つです。

我慢したらどうなってしまうのか?

もし我慢してしまうと小腸にガスがたまってしまい、腹痛や便秘の原因になりやすいです。

また、おならが血液中に浸透して皮膚や吐き出す息から出ることも多々あります。

我慢するのは良くないですし、我慢にも限界があります。

トイレに行って心置きなく、出してしまうほうが無難でしょう。

万が一、ガス漏れしてしまったら、周りの人にばれそうだったら、お隣の人に謝ってしまいましょう。
不意に出てしまったオナラは臭いの消える消臭力というスプレーを使うのもいいかもしれません。

オナラをわざとするのは罪に該当するし、人に害を与えるので絶対に避けてほしいです。

機内の空調をある程度換気できるようにするなど、設備を充実してくれるのを期待しています。

ガスピタンやマスクも使い勝手が良いかもしれませんが、飛行機に乗るためにわざわざ持ち込むのか疑問です。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ノートルダム大聖堂火災で人命と美術品は無事 [ニュース]

火災で人命とノートルダム大聖堂の美術品は無事!!

フランス・パリの中心部にあるノートルダム大聖堂で15日午後7時ごろ(現地時間)、火災が発生。

火災が発生したのは、一般公開の時間が終わったすぐ後だったそうで、実施中だった改修工事が原因で火災が発生した可能性が考えられます。

教会の尖塔などが燃えて崩れ落ちるほどの大被害になりました。

建物は燃えてしまいましたが、美術品は無事というのは良かったです。

あの豪勢なステンドグラスや内部の宝物が無事であれば不幸中の幸いです。

また再建されてから見に行きたいです。

死者がいなくてよかったです。

フランス市民もとより、欧州市民の不朽の文化の一つ!心中お察しします。

パリの代名詞的な建物だけに、元通りになるのかが心配です。

悲しみの中、我々は一枚岩となってこの火災を乗り切らなければいけない。

 フランス、パリのシンボルの一つだった大聖堂の惨事。

改修工事中に引火したとのことだが、それにしてもパリっ子の衝撃は大きいだろう。

人命と美術品が無事だったのはひと安心。

ただし外観の損傷は大きそうですし、完璧に修復してくれるのを期待しています。

日本でも寺が燃えたという過去があるけれど、再建して今は普通に建っている。

1949年には、保存修理作業の最中に法隆寺の金堂が火災にあいました。

震災や空襲で、多くの寺社、建造物が倒壊したこともあります。

ここ数年でも、災害でお城や寺社が崩れて、熊本城をはじめ多くの地域、場所で、今も再建の道の上にいます。

それを誰も全く別物と考えることはないですけど、今の最新技術があれば以前のものに限りなく近いものにできるでしょう。

まだまだ難しいと思いますが、美術品を後世に引継ぐために解析してクラウド上でデータを管理し、3Dプリンターで美術品を復元出来る技術が普及してほしいです。

 キリスト教徒ではなくてもショックです。

テレビで見たとき、尖塔が崩れ落ちるところは心痛な気持ちでいっぱいになった。

形あるものはいつか崩れるとは言うけれどあまりにも悲しいです。

フランス人の、パリ市民のみなさんが悲しみを乗り越えて、いつかまた立派に再建される日が来ることを強く願います。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - ニュース ブログトップ