So-net無料ブログ作成
社会問題 ブログトップ
前の10件 | -

宝くじ当選金支払い拒否の理由!6億円当選は盗んだカードで購入の疑惑 [社会問題]

銀行口座を持っていないのに、デビットカード使って宝くじを購入した2人組が約6億円の当選。

しかし強盗や窃盗の前科・前歴ある2人は、運営会社から盗んだカードで購入した可能性を危惧して疑いをかけられ、当選金の支払い拒否されていると報道されています。

 英グレーター・マンチェスターのボルトン在住のマーク・グッドラム(36)とジョン=ロス・ワトソン(31)は4月22日、英ロンドン南西のクラパムにある店で宝くじ「スクラッチカード」を購入した。

400万ポンド(約6億円)の当選を知った2人は、国営宝くじ運営会社のキャメロット(Camelot)に連絡して当選金の支払いを要求した。

しかしキャメロット社は、この二名が銀行口座を所有していないのにデビットカード利用して10ポンドの宝くじを購入できたのを疑問を感じて当選金の支払いを保留していました。

2人はデビットカードについて問いただされると、友達がデビットカードを使って宝くじを購入してくれたと明かしたという。

大金を入手できる前祝いしたのでしょうか…、2人は当選分かった後に店に繰り出しパーティ三昧の生活を送っていたようで呆れます。

また、コカイン依存のグッドラムは窃盗強盗罪で45回もの前歴があって、22件で有罪判決を受けている。

ワトソンは133の前歴、72件で有罪判決を受けている。

133の前歴があってもやりたい放題にさせているイギリスには驚きます。

キャメロット社は独自で調査を進めて、2人への当選金は支払われていない。

更生する気のない犯罪者は重い処分を科してほしいです。

こんな人間が高額当選するならば、世界には全く正義なんかないです。

支払われてないのだけが幸いですけど、後に支払われるようなことがないのを祈ります。

ただし、これだけの犯罪をしていながら刑罰が甘いなら今後も更正なんかするとは考えられません。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

政府の還元策に反論!マイナンバーでポイント貰える裏情報 [社会問題]

政府は19日、マイナンバー(個人番号)カードを活用して新たに始めるポイント還元事業の全容を固めた。

申請できるのは2020年9月から21年3月までの7カ月間で、最大2万円までのキャッシュレス決済の利用や入金につき、25%に当たる5千円分のポイントを付与する。
20年度当初予算案に関連費用約2500億円を計上する方向で調整している。

 来夏の東京五輪・パラリンピック後の景気落ち込みを防ぐとともに、14%程度と低迷するマイナンバーカードの普及を後押しし、行政サービスのデジタル化の流れを加速させる狙いもある。

 同カードには氏名、住所、生年月日、顔写真、個人番号が記載されており、紛失の可能性を考えるとポイント還元のためにこのカードを持ち歩きたいとは思うのでしょうか?

個人番号は他人に知られてはいけない情報なので、ポイント還元のために他人に知られてはいけない個人情報を国民に持ち歩かせるなど、問題を起こすための施策ともいわれています。

 国家が国民のプライバシーの管理カードをポイントカードのように扱う方針に反対起こるのは当然!というコメントも多いです。

また、マイナンバーのような内容で頓挫した住基カードの責任問題はあやふやになっています。

現状でも複雑な還元制度に、マイナンバーを紐づけする手続きを5千円の還元で利用者が増えるのかどうか。

また、個人のお金の所得と支出の両方をマイナンバーで把握していきたいというのが、政府の真の狙いだろうが、そう簡単に多くの人がこの施策に賛同するのか疑問です。


政府がマイナンバーカードに紐付けして、ポイント還元する意図を読み取ることが重要です。

特定期の個人の消費行動を完全に監視されてるという事です。

個人情報が、政府に利用される監視社会になるわけです。

もちろんマイナンバーカードだけでは買い物ができないので、当然スマホやクレジットカードやICカードと紐付けされます。

期間限定のポイント還元の終了後でも、知らないうちに政府は個人の情報収集を続け、国家権力によって監視される可能性があるという意見もあります。

にわかに信じがたいのですが、マイナンバーに反対する市民団体が提訴した裁判で、国側が公言したそうです。

こうなるとマイナンバー制度というのは、国が個人を監視するツールであるというのを納得せざるを得ないです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

7pay失敗の原因と影響でQRコード決済が不安増大 [社会問題]

セブンイレブングループの「7pay」の終了は、日本のキャッシュレス決済に多大な影響を与えるでしょう。

7pay失敗の原因が二段階認証によるセキュリティの不備にあったことも深刻です。

それでなくても日本人は個人情報の漏洩や不正利用に警戒しています。

昨年の消費者庁によるアンケートでもそれが分かる。

「楽天ペイ」、「LINE pay」などのQRコード決済の利用経験と将来的に利用意思があるかどうかをアンケートしたところ、「未経験、 利用意向はない」と回答した人は全体の55.2%にもなりました。

また、QRコード決済を利用しない理由を複数回答で質問すると、「使いすぎが怖い」「個人情報の漏えいが心配」「トラブルに巻き込まれる可能性を回避したい」など様々な意見があります。

ところで、QRコード他にもキャッシュレス化の方法があります。

クレジットカードや電子マネーも利用できるし、QRコードと違って歴史とセキュリティは明らかに充実しています。

その意味では、QRコード決済は、クレジットカードと電子マネーの強靭なインフラを借用している“仮決済”でしかないです。

要するに、クレジットカードの紐付けや口座登録を犯罪者にターゲットにされて被害者が続出しています。

通常であれば、詐欺などの犯罪を予防するために本人認証の二段階認証が必須です。

しかし、7payはこの二段階認証を搭載しなかったのは不手際だとしか言いようがありません。

ハッカーの餌食にされて、結局、サービス開始から3ヵ月程度の9月末に撤退するという恥ずかしい事態に追い込まれた。


世間でこれだけ話題になってしまったら、今のQRコード決済に不安を感じて積極的に利用しようと思わないでしょう。

新しいQRコードが新規参入するとき、キャンペーンの大量ポイントを獲得するときだけでその後は利用しないのも無理もないです。

その際もQRコード決済を利用するための特別な口座を開設して、そこだけに集約するという対策を行っています。

万が一、不正利用されたとしても損失を限定できるわけです。

QRコードという読み取り方式における優位点は計り知れないでしょう。

同時にQRコードジャッキングなどのアナログな攻撃手法も多く存在するわけですがきちんと対策すれば全く問題ないはずです。

日本人が個人情報保護を大切にしているから終了したのではないです。

セブンイレブンジャパンの過失が大きいから7payは終了したのを忘れてはいけないです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

市販薬が保険対象外に疑問!医療費抑制と消費増税に違和感 [社会問題]

政府は全世代型社会保障改革の一環として、市販の医薬品と同じような効果があり代替が可能な薬(市販品類似薬)について、公的医療保険の対象から除外する方向で調整に入った。

市販品は全額患者負担だが、病院で処方箋をもらって薬を購入する場合、自己負担は1~3割で、残りは税金や保険料から賄われる。

政府は自己負担を引き上げることで医療費抑制につなげたい目的が見え隠れします。

 政府は、全世代型社会保障検討会議が中間報告に盛り込むことを検討して、2020年以降、随時進めていきたい構想のようです。

保険除外の対象として想定しているのは風邪薬や花粉症治療薬、湿布薬、皮膚保湿剤、漢方薬などの軽症薬。

これらの薬を市販品より安く入手するために、患者が病院で受診するケースは多く、過剰受診を招く原因になっていると指摘されていた。

市販薬が消費税10%にしたことに疑問の声もあります。

軽減税率を適用してもよかったのではないでしょうか。

時間に余裕があるなら病院に行って安く貰うのは当たり前になってしまいます。

新聞だと8%なのに、市販薬が10%というのは不思議です。

ドラッグストアでユンケルや眠眠打破などが飲料水扱いで8%になるのに、医薬品扱いの市販薬が10%というのはどうなのでしょうか。

治療に必要で医薬品と認証されてる薬が10%取られるのに対して、治療効果を認められていない栄養補助食品などのサプリメントが食料品扱いで8%になるのは違和感あります。

 がん治療で使われるオプジーボやキムリアなど超高額薬は、医療保険財政を圧迫する要因になっている。

政府は「大きなリスクは共助、小さなリスクは自助」との考え方に基づき、「大きなリスク」を支えるための改革は避けられないと判断した。

 健康保険組合連合会(健保連)は、市販薬で代替可能な薬剤費は年2126億円に上ると試算しています。

どの薬を保険対象外にするかによって抑制額は変わってくる。

健康保険制度廃止したら病院はバタバタつぶれるでしょう。

この制度は病気になりやすい世代の負担が軽く。
なりにくい世代の人の負担が重い制度。
ここを文句言うやつがいるが

病院に行く回数が増える世代になったらとても助かると実感できるはずです。

でもその安心感から病院に行くほどでもないのに通ったり、病院で薬もらうほうが割安なので通院する人が減らないのが現実です。

今後、病院でも負担金がかかるようになるならば、気軽に病院に行く人が減る施策となるので悪くない改革でしょう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

新社会人ヤバい!入社3日で辞めた新社会人の退職理由に驚愕 [社会問題]

毎年4月になると新卒社員が「新社会人」としてデビューしました。

仕事を頑張る新入社員がいる一方で、「会社や上司が合わない」とスグに辞めてしまう人も少なくないです。

今件に関して、『ノンストップ!』(フジテレビ系)で早々に会社を辞めてしまった新社会人特集が放送されてネット上で話題になっている。

「『あいさつを大きい声で言わされて、嫌で辞める」』と3日目に親が会社に退職願を告げに来た」という内容が紹介された。

これについて、安田美沙子は「(あいさつは)基本中の基本だし、これが出来なかったら多分どこ行ってもやっていけない。親が言いに来るっていうのも、どんだけ自立してないんだろう、責任感がないんだろうって心配になる」と批判した。

カンニング竹山も「『逃げていいんだよ』って言ってご飯を食べられるならいいけど、ガキじゃないし学生時代と違うから社会は自分で稼がないとご飯食わせてくれない」と意見しました。

自分に合わないって思ったなら辞めればいいと思う。

けど、親が出てくるのは明らかに間違っています。

どれだけ自立したないかと考えると怖いです。こういう新社会人はいつどこ行っても続かないだろう。


■ネットでは賛否の声

すぐに仕事を辞める新社会人たちに対して、ネット上でも厳しい声が寄せられた。

「どんな仕事も慣れるまでは面白みを見出すのが難しいと思う。すぐに辞めるのはもったいない」

「逃げる人生は楽でしょう。社会のセーフティーネットを絶対使わないでね」

「仕事はどんな仕事でつらいし大変! 楽しみに変える精神力が大事!」

「『逃げてもいい』けどさすがに3日で・・はあり得ない。3日で逃げてたらどんな仕事も良し悪し分からないままって事じゃないの」

「強要された挨拶の大きさがどの程度かにもよるけど、親が代わりに会社に来てる時点でダメ人間ぽいね」

しかし、一方で「仕事辞めてもいい」「無理する必要ない」と疑問の声もあります。

「会社が生活を保証してくれた時代ならまだしも、転職者にとって若さは1番の価値だから変な上司の下で飼い殺される前に転職するのは悪くないと思う。」

「挨拶は基本だけど、大声でしなきゃダメとか言われる会社はちょっとやばいところだと思う。」

とりあえず、自分に出来ることを精一杯やることが大切でしょう。

会社として最初に求めたのが元気で、それを示す行動の一つが挨拶。

それが出来ないなら、遅かれ早かれ別の理由で辞めるから、早いほうが会社にとっても悪くないです。

挨拶が気持ち悪くて就職できたのが不思議です。

いずれにしても、働き続けるのも辞めるのも好きにしても構わないです。

ただし知って欲しいのは日本だと新卒は大分優遇されているので、次の会社は待遇が下がる事も多いです。

ダメ会社に居続ける意味は無いが、頑張る事からの逃げはクセになりやすいでしょう。

その自覚と覚悟と責任転嫁しないで辞める代償を背負うならスグに退職するのは自由です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

車内に掲示の貼り紙に驚愕「バス運転士が水分補給します」 [社会問題]

岐阜乗合自動車(岐阜バス)が、乗務員の水分補給に関して同意を求める案内を車内に掲示中の状況がツイッターで話題になっています。

電車の運転士や警備員が、業務中に飲み物を飲むだけで乗客から苦情となるケースが報じられているとは驚きます。

ところが、バスの運転士も同様な実情が報告されています。

この貼り紙について、ツイッターでは、

「こんなに暑いのに何も飲まずに運転なんて有り得ない!」

「クレーム入れた客の神経がおかしすぎる!」

「バスや電車の運転手さん、警察や消防救急の方々、みなさん気にせず水分補給してください!」

「貼紙の告知がないと、理解してもらえないのが悲しいです」

「トラブル防止のためにここまでしなきゃならないなんて…」

「運転中にお水飲む。これを批判する気持ちがわからない」

など様々な声が寄せられています。

 パトカーがコンビニに止まっているだけで『サボり』とクレームが止まらないとは不思議です。

電車の運転手が路線情報を確認のためにスマホをいじってるのを見てクレームする乗客もいるそうです。

走りながら飲んでたり、アルコールを飲んでたって言うなら意見するのもわかります。

バスターミナルでお茶やコーヒー程度なら飲んでも良いでしょう。

消防車だか救急車がどこだかの駐車場に止まってて、飲食してたってクレーム入れたっておバカな話がありました。

日本人が、本当に寛容さがなくなったのが残念です。

知人の会社は張り紙していませんでしたが、苦情が実際にあったそうです。

乗客に「人目につかないところで飲め」と言われたらしいです。

いちいちバスから降りて、人目につかないところ探すのはとても面倒です。

「乗客」や「運転士」という立場がある以前に、「人間」であることを理解して頂き、少々寛容さを持ち合わせて頂きたいです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

国の支援終了?京都大学のiPS細胞備蓄事業が後退危機 [社会問題]

 京都大学は拒絶反応が起きにくい再生医療をめざしています。

そiPS細胞の備蓄事業について、政府が、年約10億円を投じてきた予算を打ち切る可能性を京大側に伝えたことがわかった。

ノーベル賞受賞から7年たって基礎研究から事業化の段階になってきたことや、企業ニーズとの違いが浮き彫りになったことが背景にある。

 iPS細胞は、体のどんな細胞にもなることができる万能細胞です。

京大の山中伸弥教授が2006年に初めて作製し、12年にノーベル医学生理学賞を受けた。

患者自身の皮膚や血液からiPS細胞をつくり、網膜や心筋などにして移植すれば、他人から臓器提供を受けた際のような拒絶反応が起きにくい。夢の再生医療につながると期待された。

しかし、患者自身からiPS細胞をつくって移植すると、数千万円の費用と数カ月の時間がかかる。

重篤な患者では間に合わない可能性もある。

そこで京大iPS細胞研究所が打ち出したのが、献血のようにあらかじめ複数の型のiPS細胞をそろえておく備蓄事業だった。

目標との乖離と、業界の需要がないのであれば、年間10億もの金を出し続ける意義は見出しにくい。

ただ本体の山中先生のCiRAは基礎研究とその初期の応用研究で多くの成果を出しているから、2022年以降もサポートしていくべきでしょう。

日本は技術立国でありながら、基礎研究やメーカーの技術者を蔑ろにするのがずさんすぎます。

結局、基礎研究もエンジニアも海を渡ってる事になんの危機感もないです。

IPSに関してはいいかもしれないが山中先生は金儲けよりも本当に人助けのために欲しい人には無償提供等もしています。

そのため、米国とかに儲けを取られないように特許も取得しているわけです。

最優先なのは安全はもちろんだけど日本で実用出来るように認可されることです。

米国では皆保険ではないから日本のように安価な医療は受けられないです。

しかし、日本では認可されていない高度医療が使われていて、それに日本のIPSが金儲けのために使われて欲しくない、というのが本音でしょう。

必要であればどこか不要なところから税金を回してくるのは必要であるのは前提にあるとして、それとこの備蓄への支援がどの程度必要なのか検討するのは別問題だと考えられます。

実用化を目指して支援に対して需要が見合っていないのなら金額は再検討されるべきでしょう。

同じ医療部門で他に必要な部門もあるかもしれないし、お金の垂れ流しになってしまってはいけない。

iPSの根幹の基礎研究と、備蓄に関連する事業化への支援は別々にとらえて、担当者間で必要な部門に適切な金額を支援するのが望ましいです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

冬のボーナス過去最高更新!建設172万円が最多の裏事情 [社会問題]

経団連は、大手企業の年末のボーナス(賞与・一時金)妥結額の第1回集計を発表して、その内容が話題になっています。

回答した12業種82社の平均は前年冬から1・49%増の96万4543円とのことです。

第1回集計としては2年連続で過去最高を更新し、5年連続で90万円を超えた。

業種別では、建設が1・81%増の172万3818円で最も多い結果となりました。

東京五輪・パラリンピックに向けた建設需要の高まりが影響したとみられる。

次いで自動車が2・31%増の102万3057円で、造船が4・09%増の92万3円と続いた。

第1回集計は、2019年春闘の時点でボーナス水準も妥結していた企業の回答が多いため、前年度の業績が色濃く反映されている。

12月下旬に公表される最終集計は、直近の業績をもとに労使交渉した企業の妥結結果も出そろう。

ただし、好業績で交渉が早くまとまった企業は第1回集計に間に合うため、最終集計は金額が下がる傾向です。

2019年は米中貿易摩擦など国際情勢の不安定さが経営に悪影響を与えた企業も多く、例年よりも下げ幅が大きくなる可能性があります。

 建設業は労務費単価が上がっており工事の受注金額も当然ながら上昇しています。

しかし、まだ業界全体で成果を享受しているかといえば違います。

大手ゼネコン等の元請企業が美味しい思いをしているのが現状でしょう。

本来、労務費とは職人さん達に支払われるべき費用であるのに単価の上昇率に比べてそれ程、実感出来ていないのではと思います。人材不足に成るべくして成っているといったところでしょう。

 大手のボーナス額だけではなくて、

「大手の額と受け取る人数」「中小の額と受け取る人数」「ボーナスなんてない人の数」も知りたい人も多いでしょう。

頑張った人でも、中小企業に入社して働いてもボーナスなんて、仕事できない大手企業の人より少ないケースが多いです。

仕事出来るか出来ないかはあまり関係なく、大手か中小かでボーナスは大きく変動するとは残念です。

一方で、ボーナスが無い会社に勤めてる人はボーナスが有る会社に転職しなければいけないのが現実です。

また、多くの中小企業は効率が悪いし生産性が低いうえに、社員を不当に扱う会社も多いです。

そういう中小企業はまさに搾取の構造となっています。

毎年の賃上げや賞与どころか、従業員に労働基準法で定められた当然の権利すら与えず、オーナーたちはそれなりに取ってるところがあります。

従業員に報いない企業を淘汰していくのも必要でしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

渋谷ハロウィーン批判!痴漢・暴行等の現行犯逮捕、税金1億円など [社会問題]

ハロウィンは、仮装して夜中までウロウロするイベントなのでしょうか?

ハロウィーンで仮装した人が多く集まった東京・渋谷では、痴漢や暴行などの疑いで少年5人を含む9人が逮捕された。

警視庁は先月31日の夜からハロウィーンの混雑などに備え、渋谷駅周辺にDJポリスや機動隊などを配置して数百人規模で警戒にあたりました。

午後10時前には、ゲーム店の男性店員の顔を平手打ちしたとして19歳の少年を現行犯逮捕しました。

また、スクランブル交差点付近で20歳の女性の尻を触ったとして51歳の男も現行犯逮捕されています。

31日の夜からの逮捕者は少年5人を含む合わせて9人となっています。

逮捕者が出てる時点で、来年から規制線でも張って辞めさせても構わないというコメントもあります。

全員が悪いわけではないという意見もありますが、治安の維持への意識が低くなりすぎています。

 上京した若者が多い東京では地方の祭りのようにストレス発散する機会が皆無なので、ハロウィンは絶好の機会イベントという主張があります。

この意見に即するならば、要するにストレス解消や騒ぎたいだけの人間がやんちゃしているだけです。

人生に満足していない人達が現実逃避しているようにしか思えません。

目標も不明確、将来が不安で見えない、今さえ楽しければそれでいい…というような考えなのかもしれません。

仮装して練り歩くのはせいぜい幼稚園児や小学低学年くらいまでなら分かります。

そもそも、子供が仮装してお菓子を貰うものなので、大人がわめているのを見ると悲しくなってきます。

 渋谷のハロウィンに繰り出す方々が、迷惑行為や事件を起こしているのは毎年の定例になっています。

毎年ハロウィンのために1億円をつかってこのイベントを運営管理しているとは驚きます。

渋谷区の税金だから区民が良いなら構わないが、来年も実施するのでしょうか。

犯人のわからない、店の物損被害はどう対処しているのでしょうか。

被災地や沖縄のことを思ったら、無駄な税金だと思ってしまう。

 ハロウィンの経済効果はバレンタイン抜いてクリスマスの次という記事を読んだことがあります。

スイーツを皮切りに衣装や小物など関連商品が爆発的に売れます。

しかし、1億かけて警備するほどの税金を費やす価値があるのか疑問の声が多いです。

日本のハロウィンは、本来の意味や習慣と違うものになり下がっています。

日本では、クリスマスもバレンタインも企業のお金儲けのために発展した文化なので、ハロウィーンでも良いように企業のカモにされているしか思えません。

経済効果を優先するなら、

経済効果を評価する人もいますが、渋谷の公序良俗違反や騒ぎには品格のかけらもありません。

バカ騒ぎはなくても経済効果を狙ってほしいです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

女子大生に暴行と現金強奪の男!待ち伏せとマンション侵入に恐怖 [社会問題]

女子大学生(19)に乱暴して現金を奪ったとして、神奈川県警は、強盗強制性交などの疑いで、相模原市南区の会社員の男を逮捕しました。

男の犯行の一部始終をしったネットユーザーの間では意見殺到しています。

 男は3月11日未明、マンションに侵入して女子大学生を暴行したとのこと。

さらに近所のコンビニATMで現金5万円を引き出させて、奪いとった疑いあります。

被害者の女子大学生は一人暮らしで、ごみ捨てから部屋に戻ったとき、浴室内に男が直立していたのだから恐怖だったでしょう

鍵かけてなかったという事でしょうか?

ゴミ捨てなんて日常的な事だし、たった数分だからという気持ちも出てしまうのは分からなくもないです。

ゴミ捨てのような短時間であっても、例えオートロックのマンションでも鍵はかけるべきです。

防犯カメラの映像から、男が捜査線に浮上。

現場周辺では10〜20代女性への暴行事件が複数起きているといい、警察は関連を調べているようですが…。

独り暮らしの女性はもっと警戒心持たないといけないのは当然ですけど、

複数の同様の被害が出ているのならば、何でもっと早く警察は事件を公表して注意を促さなかったのでしょうか。

もっと報道して、ゴミ捨ての数分だけだから鍵閉めなくていいやという油断が被害に繋がると注意喚起するほうが良いでしょう。


■恐怖!!

暴行しただけにとどまらず、現金まで奪った男の狂気にネットは戦慄。

「やりたい放題」「おぞましい…」と悲鳴が相次いで上がっている。

浴室に隠れてたとか、怖すぎます。性犯罪者は名前と顔写真を公表してGPS埋め込んだ上で、居住地の警察や役所に情報提供して欲しいです。

首都圏で初ひとり暮らしなら、多少家賃が高くなっても駅近物件が安全です。

「閑静な住宅街」とか一見住みやすいように思うけど、深夜から早朝は人目も少ないし街灯が少ない街もあります。

街に慣れない内は、駅近や大通りに面している物件がいいでしょう。

日本は犯罪に対する刑が甘すぎます。

被害者は報われないのに、加害者の人権をとか更正の道とかありえないでしょう。

性犯罪者の再犯率は高すぎます。

被害者の家族や本人に仇討ちなる制度がないのは残念!という過激な意見もあります。

刑務所から出ても再犯の恐れがありますから刑期を長くするしかないのでしょうか…。

女子大学生を襲った残酷な出来事は、心に深い傷を残すことだろう。

周辺で起きた暴行事件との関連も疑われるだけに、早急な真相解明が求められる。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - 社会問題 ブログトップ