上西小百合がタレント転身に批判殺到!テレビ局出禁の裏ネタ [芸能界]

スポンサードリンク




上西小百合衆議院議員でしたが10月22日投開票の衆院選に出馬しないで「タレント転身」を表明していました。

2012年12月の当選以降、“国会サボり疑惑”など騒動を巻き起こして今年には“くたばれレッズ発言”など様々な話題を作り上げてきました。

こんな上西氏は、ついにタレントとしてデビューするそうです。

今まで、サンデー・ジャポン(TBS系)など様々な情報番組やバラエティー番組内でインパクトを残してきました。

上西氏は再選が無理だと悟ってタレント転身を狙っていたのでしょう。

インパクトだけのタレントとして引く手あまたかと思いきや、業界内から冷たい対応されているようです。

しかも手厳しい意見が聞こえてきています。

不出馬会見で「タレント転身」を発表したのがそもそもの失態だったのでしょう。

テレビ局を支える広告代理店が彼女を起用するわけないです。

タレントとしては出禁するのは納得できます。

それを起用するメディアは、節操がなさすぎます。

議員の立場を利用して炎上騒動を繰り返し、知名度を高めた人間をタレントとして活躍させるのは許せません。

スポンサーの中にも同様の見解を持っているところが複数あって、議員時代のようにテレビに出ることは極めて難しいのではないかと思います」

 これまでに1億7000万円もの税金が彼女に使われてきたのを考えると、『全局一斉出禁』は妥当な扱いのようにも思えます。

杉村太蔵さんのようになれると思ったのでしょうか?

嫌われすぎて、炎上キャラとしても成立しないのでしょう。

税金泥棒の人をタレント扱いしないで欲しい人は多いです。

タレントといってるようですが、何ができるのでしょうか、世の中そんなに甘くはないです。

もし堂々と議員出身のタレント・上西小百合としてTV番組に出てきたら、テレビ局ではなくスポンサーに抗議が殺到することが容易に予想できます。

「全局が一斉出禁」という情報がガセネタでないことを願います。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント