So-net無料ブログ作成

粉状プロテインは時代遅れ?持ち運び便利な固形など進化 [健康]

スポンサードリンク




筋肉を育てる粉末状のプロテインがあれば効率が上がるが、かさばる袋をジムに持っていくのは不便です。

「手軽に持ち運べる」プロテインでこのストレスを解消した会社が沖縄に存在するのをご存知でしょうか。

沖縄発、イギリス人社長が仕掛ける栄養摂取のイノベーションとは、プロテインを塊として持ち運べることです。

 出張の時、プロテインをトランクの中に忍ばせていると、何やら密売人っぽくて心配していたのと、シェイカーがかさ張るのでペットボトルに入れられるくらいの固形状のものが需要高かったです。

粉状でのプロテインは持ち運びが非常に大変。

ジム通いの方々の需要は高いと思います。

旅行など長期の旅行や出張などにも良いですね。

応用が効きそうな技術ですからこれからの進化が楽しみです。

プロテインを固形化して、しかもすぐ溶けるなんて興味深いです。

これなら実用性が高くて欲しがる人が多いでしょう。

筋トレに行く人であれば、毎回ボトルに粉入れて持っていくのはとても面倒です。

これならミネラルウォーターを買ってすぐに摂取しやすいです。

ペットボトルの口に入るようなサイズの固形プロテインが欲しいです。

 プロテイン購入の基準は溶けやすさ、味、含有量、値段、プロテイン買う際にはこれらの要素が気になります。

含有量を気にしている人はビギナー以上な感じがするので、溶けやすさ以外だと味と値段がかなり重要な要素になりそうです。

粉を溶かして再度飲むくらいだったら、結局シェイカーみたいな器が必要になるので、錠剤にのまま飲めるようにして欲しい。

あと、日本人がプロテインに求めているものは、利便性より味の良さだという意見もあります。

それは、他社とのコラボでどうにかなることを期待したいです。

 粉末状でしか管理できなかったものを、固形にする技術は発想が非常に面白いです。

粉末状のものが固形になったら、もちろん持ち運び安いです。

これは薬でも同じようにできるのでしょうか。

そうなると今まで仕方なく粉末で飲んでいたものも、変わってくるということです。

これ、宇宙にもっていけるもの増えたのではないでしょうか。すごい。

シートを貼って栄養補給できるのはすごいです。

いちいち水分を合わせて飲むのが面倒なので、ぜひ開発してほしいです。

飲食が困難な人が栄養補給できるようになるのは素晴らしいです。

用途も拡大しそうなので期待しています。





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント