外科医なりたい若者減少の原因!3K労働、労働条件、仕事の危険性など [雑学]

スポンサードリンク




外科医がかつては花形の職業であったのは事実ですが、近年においては外科医を目指す若者の減少が見られる理由は複数あります。

以下にいくつかの要因を挙げてみます。


【1】3K労働のハードさへの懸念

外科医の仕事は、手術中の長時間の立ち仕事や夜間の救急手術、緊急事態への対応など、きつい・汚い・危険な労働条件が伴うことがあります。

これにより、労働時間が不規則であり、私生活の充実や健康の維持が難しくなるという懸念があるため、外科医を目指す若者が減少していると言われています。

外科医の労働条件がハードであることです。

外科医は長時間の手術や緊急手術が多く、24時間体制での勤務が求められるなど、きつい労働環境があります。

また、手術中には汚れた環境での作業や血液等の体液との接触も多く、衛生面でのリスクが高いため、清潔さに対するストレスもあります。

さらに、手術に伴う高いリスクや責任もあり、精神的な負担も大きいとされています。


【2】労働環境の変化

医療現場の厳しい労働環境や医療制度の変化も、外科医の人気に影響を及ぼしているとされています。

医療費の削減や医療リソースの限定化により、外科医はより多くの患者を効率的に処理しなければならず、時間的な制約や負担が増大することがあります。

外科医の労働時間の長さや労働負荷の大きさに対する報酬が不十分であることです。

労働時間が長いにもかかわらず、給与が十分でないという現実により、労働に見合った報酬を得られないことが、外科医の魅力を減少させていると考えられます。


【3】専門化の増加

医療の専門化が進んでいる現代において、外科医も専門分野が多岐にわたります。

特定の専門分野に特化することが一般的になり、一般外科を含む広範囲の手術を担う外科医の需要が減少しているとされています。


【4】労働条件の改善と仕事の危険性

労働環境の改善に伴い、他の職種に比べて高い給与や労働時間の短縮、ワークライフバランスの重視などが進んでおり、外科医以外の職種に比べて労働条件が向上していることが一因として挙げられます。

また外科医の仕事の危険性が高いことです。

手術中や手術後に意外な合併症が生じる可能性があり、また、手術器具や麻酔薬の誤用による医療事故のリスクも存在します。

これに加えて、患者やその家族とのコミュニケーションの難しさや、訴訟リスクの高さも、外科医の職業に対する不安を増大させています。


 以上のような要因により、外科医を目指す若者の減少が見られるようになっています。

外科医の労働環境や労働条件の改善、専門化の促進など、これらの課題に対する改革が必要なっていると考えられます。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント