脳は死ぬまで成長!脳トレで認知症予防・アルツハイマー予防と神経細胞が増殖 [健康]

人間の脳は、生誕してから活性化して、日常生活の経験によって、100歳を超えても脳は成長し続けます。

脳は命を落とすまで成長し続ける器官です。

しかし、スマホやパソコンなどに機器によって、便利は毎日を過ごしていると、脳は怠けてしまいます。

しかし、意識して、日常生活の中で脳に刺激を与えると、脳は目覚めて活性化します。

中高年の世代こそ、脳トレによって今後の人生が輝かしいものになるか、放置して老化していくかの分かれ目です。

 人間の能力は、日々の経験によって育っていきます。

人間の才能や能力を生み出しているのは、「脳」です。

脳には、「神経細胞」が1000億個以上も存在しています。

人間は、生まれたときから天才であったり、能力もないままでいることは絶対にありません。

これらの細胞にはそれぞれの働きがあり、同じような働きをする細胞同士が集まって集団を形成しています。

集団で活動することによって、複雑な脳の働きを支え、能力を生み出しているのです。

そして、同じような働きをする細胞集団は、脳の中でそれぞれ集合体としてまとまって配置されています。

在宅勤務をしていると、脳への刺激が極端に減るのは問題です。

同じ風景しか見ないし、外の気温や日光、雨風を感じることもないと、五感への刺激が激減してしまいます。

筋肉トレーニングと同様で、脳も鍛えていないとどんどん衰えてしまいます。

定年退職してから悠長なことをいっていないで、後悔しないために成長のためにもやりたいことにチャレンジしているほうが頭脳活性化になります。

若くして認知症になるのは、本当に誰にでも起こり得ることだからと認識しておくべでしょう。

脳は筋肉と同じで、使うことで鍛えられ、発達していきます。

生活で使われ鍛えられている脳は、40歳を超えても成長できるが、使わないでいれば若くても退化してしまう可能性があります。

脳は20代から40代にかけて、個性的になっていくことがわかっています。

脳が「成長したい」という、その勢いが最も強くなるのがこの年代です。

スマホを使いすぎるとキーワードと検索さえ利用すれば情報をすべて頭にいれる必要はないです。

しかし、電子機器に頼りすぎるとキーワードしか覚えられなかったり、言葉にアウトプットするときに即座に引き出すことが困難になりやすいです。

マンネリな日々を過ごしていると感じているなら注意するべきです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

日銀が利上げできない理由!金利が上がると国債は?含み損ヤバい [経済・投資]

 日本政府とともに、日銀は金利を引き上げたくありません。

日銀には金融理論上の問題として金利の引き上げを望まない理由があります。

争点となるのは、日銀が抱えている多くの国債です。

日銀は量的緩和策を行ってから、市場から大量の国債を買い付けています。

2022年6月末時点において日銀が保有する国債の残高は542兆円に達しています。

金利と国債の価格にはコインの裏表のような関係性なので、金利が上がれば国債価格が落ち込んでしまうことを意味しています。

万が一、金利を上げるとなると、日銀が保有する国債価格は経済学上で下落します。

つまり、日銀は含み損を背負ってしまいます。

日銀は、満期まで保有する国債に関しては時価評価ではありません。

簿価評価しているので、金利が上がったとしても帳簿上で損失計上しなくても構いません。

 簿価か時価かはあくまで帳簿を管理する上でのルールの問題だけです。

簿価評価にすれば、担保価値が維持されるということは現実社会ではありえません。

簿価評価では経営実態を正しく表示できないです。

政府は金融機関に対して、時価評価にするのを率先してきました。

日銀が簿価評価していても、何も変わることはありえません。

もし金利上昇するとなると、日銀に含み損が生じるのは事実です。

金融市場は当然としてそのことを踏まえて変動しています。

円安が益々進んだり、金利上昇ペースが強くなる恐れも想定しなければならないでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

クレディスイス不祥事の数々!取引隠蔽、ヤクザに融資、不正行為など [社会問題]

クレディ・スイスは、スイスのグローバル金融サービス企業であり、投資銀行業務、資産運用、ウェルスマネジメントなど幅広いサービスを提供しています。

しかしながら、同社は過去にいくつかの不正行為やスキャンダルに関わってきたことで知られています。

例えば、2009年には、クレディ・スイスはアメリカ合衆国司法省と証券取引委員会から、イラン、キューバ、スーダンなどの制裁対象国との取引を隠蔽し、制裁を回避するための金融取引を行っていたことで有罪判決を受けました。

同社は罰金や和解金を支払うことで問題を解決しましたが、この事件によりクレディ・スイスのイメージは大きなダメージを受けました。

また、クレディ・スイスは、過去には日本のヤクザ組織などの犯罪組織に融資を提供していたことがあります。

スイスメディア「スイス・インフォ」によると、2003年から4年にかけ、警察は日本最大の暴力団・山口組系の違法闇金融にかかわる6名を逮捕した。

その主犯格であった「ヤミ金の帝王」梶山進はクレディ・スイスに口座を保有していた。

このような行為は、金融機関にとって大きなリスクをもたらすだけでなく、社会に対する責任も問われます。

さらに、クレディ・スイスは、世界中の独裁者や腐敗した政治家に対して、秘密口座や秘密取引を提供していたことが報じられています。

これらの行為は、独裁者や腐敗した政治家が国民の資源を横領し、権力を維持するために行っている不正行為を支援することになります。

以上のように、クレディ・スイスは過去にいくつかの不正行為やスキャンダルに関与しており、その信用に大きな影響を与える可能性があります。

ただし、最近の数年間においては、同社はコンプライアンスやリスク管理に力を入れるなど、改善策を進めているとされています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

オンライン調剤薬局は普及間近!アマゾン参入と電子処方箋などの背景 [ニュース]

 アメリカではオンライン薬局の「アマゾンファーマシー」が販売事業サービスを既にスタートしています。

電子処方薬のデリバリーサービスが普及してきています。

プライム会員は送料無料となっていて、24時間年中無休で薬剤師が利用者の質問や相談に対応しています。

自動音声認識AI「アレクサ」が薬剤管理をサポートしているのが興味深いです。

アマゾンの熟練したEC販売ノウハウを導入したアマゾン薬局が、日本でもオンラインサービスを展開するとなると、既存の調剤薬局にとっては死活問題になるかもしれません。

 実は、調剤薬局はドラッグストアで導入が進展していて、次代に向けた成長するための一要因となっています。

ところが、薬剤師不足が深刻で各社が高給、好待遇をアピールして採用が競争激化しています。

近所の調剤薬局よりドラッグストアの調剤薬局は営業時間や利便性などのメリットあると評判高いです。

一方、オンライン調剤となれば、365日24時間の営業が実現するので利用したい時に待たないで自宅から薬を入手できるようになります。

ドラッグストアは差別化するために対面サービスの良さを掲げるでしょう。

また、取り扱い商品との連携など、実店舗で営業している調剤薬局はリアルならではのサービスが求められる。

オンライン化は進むのは時代の潮流なので、調剤でも利便性によってオンライン調剤が普及していくでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

企業の内部留保を非正規社員に還元できない理由と課題 [社会問題]

 非正規社員は、本来支払うべき人件費を非正規雇用によってカットされています。

カット分の金額が、派遣会社、正社員や株主に流れる仕組みだという意見があります。

非正規社員の待遇改善する一つとして、ボーナス支給や賃上げは以前から課題となっていますが、未だに前向きな解決に至っていません。

また、非正規雇用から希望者には正社員になれる促進制度も必要でしょう。

原資には、国内企業が貯め込んでいる484兆円の内部留保が話題になります。

政府は内部留保課税などで手を入れるのも一案かもしれません。

ちなみに、日本銀行は51兆円のETF(上場投資信託)を保有していて、日本株の最大保有媒体です。

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は運用資産198兆円の25%に該当する49兆円を国内株に投資しています。

こうなると日本の企業の大株主は政府機関とも言えます。

ただし、内部留保の帰属は従業員ではなく、株主になります。そのため、内部留保から非正規のボーナスを払うとなると、会社の経営側としては株主に依頼しなければいけないです。

一方で、内部留保を積み上げるのが必ずしも悪いと断言できません。

企業は利益を配当と自社株買いで使うことで、資本金を上回る運転資金や固定資産は借金でまかなわなければならない。

アベノミクスでは法人税を下げて代わりに消費税を上げてしまった。

その法人税が下がった分を分売することで儲かった分は分売するはずでした。

しかし、この分も貯めることで、大企業の中には利益に比べて少ない法人税しか払っていない。

バブル時代との大きな違いは分売率という声もあります。

現在の大企業はピンはねするのが仕事の一つであって、実践者は当初予算の2割にも満たない仕事だけなので、これを抜本改革して変えるのが大切かもしれません。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

シリコンバレー銀行の破綻原因を徹底検証!SVB経営悪化の原因とリスク管理の怠惰など [経済・投資]

米シリコンバレー銀行(以下、SVB)は、シリコンバレーに拠点を置くテクノロジー企業向けの金融サービスを提供する銀行であり、テクノロジー業界の成長に乗り、多くの成功を収めてきました。

しかし、その成功にもかかわらず、SVBは2008年の金融危機で破綻しました。

以下では、SVBが破綻した理由について詳しく解説します。


1.サブプライムローン危機

2008年に発生した金融危機は、サブプライムローン危機が引き金となっていました。

サブプライムローンは、信用力の低い借り手に対して高金利で融資するものであり、リスクが高いとされていました。
しかし、多くの金融機関がサブプライムローンに投資していたため、これが原因で多くの金融機関が破綻しました。

SVBもサブプライムローンに投資していたため、その影響を受けました。

SVBは、サブプライムローンに対する投資が多く、そのローンの不良債権が急増したため、破綻の危機に陥りました。


2.リスク管理の欠如

SVBは、テクノロジー企業向けの金融サービスを提供することに特化しており、その結果、そのポートフォリオは非常に偏っていました。

そのため、リスク管理の欠如が発生していました。

SVBは、テクノロジー企業が成功する可能性が高いと考え、テクノロジー企業に対する投資を重視していました。

しかし、そのような投資戦略は、リスクを十分に評価できなかったことを示しています。


3.レバレッジドローンの増加

SVBは、レバレッジドローンと呼ばれる金融商品を提供していました。

これは、低金利で借り手に資金を提供し、同時に高金利の投資商品に投資することで、収益を上げるものです。

しかし、レバレッジド・ローンには、投資商品が低迷した場合に損失が膨らむ可能性があるというリスクが大きすぎます。

リスクマネジメントシステムを更新することを怠っていたため、リスク評価が遅れ、過剰なリスクを抱えたまま融資を行っていた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

インテル経営危機の理由!競合他社AMDの進出、技術開発遅れ等 [IT・通信]

インテルは、CPU(中央処理装置)市場における覇者として知られていますが、最近では厳しい状況に直面しています。その理由は、以下のような要因が挙げられます。


1.プロセス技術の遅れ:

インテルは、次世代のプロセス技術について、競合他社に遅れをとっています。
これにより、パフォーマンスと電力効率の両面で優れた製品を開発することが難しくなっています。


2.AMDの競争力の向上:
競合他社のAMDが、CPU市場において急速に成長しています。
AMDは、高性能でコスト効率が高く、低消費電力である製品を提供しています。
これにより、AMDはインテルから市場シェアを奪い、競争力を向上させています。


3.ARMの進出:
ARMは、低消費電力のCPUを提供することで、スマートフォンやタブレットなどのモバイル市場で急速に成長しています。
ARMは、サーバー市場でも参入し、高性能な製品を提供することで、インテルに対する新たな脅威となっています。

4.AppleのCPU開発:

Appleは、自社のMac製品向けに、独自のCPUを開発しました。

これにより、Appleはインテルからの依存度を減らし、独自の製品開発を加速することができます。


これらの要因が重なり、インテルは存亡の危機に瀕しています。

しかし、インテルは現在、プロセス技術の改善や製品ラインナップの見直し、新しい市場への進出など、様々な施策を進めています。

今後の展開に注目が集まります。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

カフェのオンライン会議に賛否!Zoomうるさい迷惑、企業秘密保持など徹底検証 [雑学]

 カフェでのZoomなどのオンライン会議について、賛否両論の意見があがっています。

カフェは静かに飲み物を楽しんだり、自分で考えにふけったりする場所。

そんな場所で企業秘密を話してもいいのかなと思うという声もあります。

一方で、カフェでのオンライン会議に、それほど抵抗感がないという人もいます。

気にならない人にとって、集中して本を読んだり音楽を聞いていれば気にならない!という意見があります。

プライベートと仕事の境界がなくなるのは効率悪い。

カフェで会議が入ってしまうことがあるが、テラスに出て会議には出るなどの周りの人もそういう配慮をされている。

カフェで会議やるのは、迷惑かけないほどの人数だったり、秘密保持が不要で公で公開しても問題ないのであれば、構わないという声もあります。

これに反して、反対する意見もよく分かります。

そこで、カフェ側がオンライン会議の禁止と容認のどちらかを明確に決めてしまうほうが、双方が納得できるでしょう。

オンライン会議の反対するお店は、オンライン会議の目的客は行かなくなるし、賛成のお店ならば反対派のお客さんは避けるようになるでしょう。

つまり、お店側もお客側もどちらも嫌な思いをしなくなります。

ルールを明確にすれば、トラブル予防に繋がるでしょう。

また、リモートワークを取り入れている企業が自社のコンプライアンスガイドラインを明確に定めるのも大切です。

リモートワークで良し悪しを明確にして、社員に浸透させて情報漏洩を未然に防ぐ対策を徹底するべきです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

電動キックボード利用者に批判!飲酒運転で死亡事故後、運転マナーや交通ルールの指導必須 [社会問題]

電動キックボードを利用中に飲酒運転で死亡事故が発生してしまった。

その後、運営側のLUUPは関係省庁や業界団体と連携しながら飲酒運転の予防を念頭においた飲酒運転防止策の強化を遂行します。

自動車と同じ車道を走る自転車の危険運転を見かけることがあります。

電動キックボードも交通事故があるのを想定するべきで、死亡事故により運営側に飲酒運転を含めて規制強化が必要だと思います。

飲酒運転防止は運営としても少なからずサービス利用開始から厳格にやるべきだったはずです。

事故の危険度に対する想定が不十分だっという意見もあります。

Luupの料金は1分単位で15円、1時間で950円で、停車中も料金が加算されます。

以前、Uberなどの配達員が事故理由として「時間内に進行したかったため加速して運転した」と事故を正当化するようなケースがあります。

つまり、料金設定が危険運転の潜在発生を引き寄せているのは間違いありません。

停車時も課金対象となると急いだりもったいない気持ちになります。

ポートも限られ移動先も制限されています。

Luup利用するには運転免許が必要ということで、免許所有者が安全運転する和歌でもないし、電動キックボードの利用者拡大は困難な道程でしょう。

電動キックボードも、車道走られても危険だし歩道ならさらに危険です。

あまりに気軽に乗れてしまうので、交通ルールを守らない、守る気がない、ルール知らない利用者が乗ってるケースが多いです。

飲酒運転防止の啓蒙は悪い訳では無いが、地に足がつけて運転マナーや交通ルールを改めて指導強化するべきです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

絵文字で世代間格差と時代遅れ判明?Z世代が悩む絵文字とは [雑学]

世代によって、使う絵文字も変わってきます。

米国の掲示板型ソーシャル・ニュースサイトRedditで、「古い」「時代遅れ」と思う絵文字について議論されて話題になりました。

親指を上げた「いいね」[指でOK]の絵文字は最悪だというコメントもありました。

「X世代の人はいつも使ってる」と述べたそのユーザーは、最初その絵文字を受け取った際、自分が怒られているのかと思ったという。

この意見に多くの人が共感した。

「いいね」は皮肉?励まし?賛同を意味してるのか、それともメッセージを見たっていうだけの意味なのか...? 受け取った若者たちは混乱するという。

絵文字ひとつだと、確かに解釈が異なります。

絵文字で気持ちを表現するのは難しいし、世代も他に、会社、文化(国)によっても違ってくるかもしれません。

この問題に対しては、絵文字に一言を添えるとのはどうでしょうか?

絵文字単体だけ送られてきたら、どういう意味だろう、と困惑してしまうときがあるかもしれません。

いいねのグッドマークですが、「いいね」と書かれていれば、賛同や励ましの意が伝わりやすいように感じます。

とはいえ、時代遅れであっても、コミュニケーションは適切に成立するなら問題ないでしょう。

世代感の違いを意識しすぎて、中高年が若者に合わさなければならない義務はないわけです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー